teethmineの目指すもの

歯科衛生士が綴る社会派ブログ

2018/12/14

ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2018

こんにちは。

京都クリニック歯科衛生士の橋本です。

今回は11月8日に開催された、ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー218についてご紹介します。

 

 

201812143.JPG

 

 

女優の浜辺美波さんと俳優の桐谷健太さんが

“今年最も笑顔が輝いた著名人”として選ばれました。 (日歯広報 第1717号より)

 

今年は8020運動が30周年に加えて、

ベストスマイル・オブ・ザ・イヤーが25回目の節目にあたるので、

日本歯科医師会では

“歯・口の健康が全身の健康につながり、豊かな生活の源になることへの認知拡大”を

中心テーマに据えた『いい歯は毎日を元気に』プロジェクトを開始することも発表されました。

 

私が今年いちばん記憶に残っている“スマイル”の持ち主は、

お気に入りのカフェで働く店員さんです。

ただ笑顔はとてもステキでチャーミングなのですが、前歯にはプラークや歯石が付いていて、

かなり残念な印象で、いつもその事ばかりが気になってしまいます。

健康的な歯と口を保つために加えて、

周りへも安心感を与えるための“エチケット”として

日頃の歯ブラシやフロスを使ったホームケアを欠かさずに行うことの大切さを

感じざるを得ないスマイルです。

誰かにとって良い意味で心に残る“スマイル”になるためにも、

日々のケアをきちんと行うことを心に決めました。

 

 

201812145.JPG

 

 

烏丸御池の松之助で念願のモーニング。

リコッタチーズのパンケーキは甘すぎずフワフワで私好みの味でした。

一緒にいただいたスコーンも絶品なので、京都でのモーニングにはオススメのカフェです! 


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/12/11

"やる気"スイッチ part②

こんにちは。

京都クリニック クリニカル・コーディネーターの伊藤です。

今日は前回に引き続き、クリニックで行っている ”治療に前向きになれる取り組み” を

ご紹介します。

 

teethmineの取り組みの二つ目は、「むし歯予防のだ液検査」です。

ご自身のむし歯のなりやすさとお口の状態をグラフに表して、どのようなケアが必要なのかを

考えていきます。矯正治療中はむし歯になるリスクが高まることから、むし歯のリスクを

知っていただき、予防していくことが大切です。

 

三つ目は「染め出し液によるみがき残しチェック」です。

みがき方の ”クセ” や、実はみがけていないところなどがハッキリと分かるので、

その方のお口の状態に合ったケア方法を担当の衛生士がアドバイスして、フォローして

いきます。

 

そして四つ目は「メインテナンス・ファイル」です。

毎年一回お口の状態を記録にしたシートを、写真を添えてお渡ししています。

上から順番に綴って頂くと、歯ならびの変化も分かりやすく、モチベーションアップ

にもつながると、好評をいただいております。

 

この他にもみなさまに前向きに治療にのぞんでいただくため、色々なメニューを

クリニックではご用意しております。

私たちスタッフも全力でサポートしてまいりますので、ぜひ日々の変化を楽しみに

前向きな気持ちで通っていただければと思います。

 

 

20181205.jpg

 

 

旅行3日目はフィンランドから、デンマークのコペンハーゲンへ移動しました。

こちらもステキな街並みで、見ていて飽きることがありません。

ハロウィンシーズンに訪れた有名なチボリ公園は、ハロウィン一色でした。

この公園には色々なアトラクションがあるのですが、絶叫系がお好きな方は

間違いなく楽しめると思います。

私と姉は怖くて乗れませんでした・・・。

20181205


続きを読む

ブランディング・ノート

明るい未来をしめす道標

2018/12/08

アイスブレークの魔法①

こんにちは。クリニカル・コーディネーターの市田です。

お休みを利用して、ユニバーサルスタジオジャパンへ行きました(^^)

 

 

20181208.png

 

 

CMでも話題の今年でグランドフィナーレを迎えるクリスマスショー

『天使のくれた奇跡Ⅲ』を鑑賞しました。

壮大なプロジェクションマッピングと、ダンサーによるパフォーマンスで

心あたたまる家族愛の物語に1人感動して涙し、

その姿を見た友人には、大笑いされました。

平日だった為、乗りたかったアトラクションは

30〜40分待ちで全制覇し、大はしゃぎです♬

そんな満足でいっぱいの私は、

キャストさん1人1人の神対応にも感動していました。

次に続きます。


続きを読む

teethmineの目指すもの

歯科衛生士が綴る社会派ブログ

2018/12/07

これから課題になりそうなこと

こんにちは。

京都クリニック歯科衛生士の橋本です。

今回は9月27日に行われた日本歯科医師会による、

第21回理事会の報告についての記事をご紹介します。 

 

 

201812073.JPG

 

 

日本歯科医師会の理事会では、訪日外国人観光客患者などの受診状況等に関する調査について、

全会員を対象にしたWEB調査を実施することを承認しました。(日歯広報 第1715号より)

 

ラグビーワールドカップ(2019年)、東京オリンピック(2020年)、

そして最近では2025年に大阪で国際博覧会(万博)が開催されることも決まり、

外国人観光客はますます増えることが予想されます。

観光庁の調査によると、

アンケートを回答した訪日外国人旅行者3,383名のうちの1.5%が

訪日中に怪我・病気になり、医療機関に行く必要性を感じているという結果が出ています。

 

自分が海外に滞在する際にも

”何かあったときの医療”のことを深掘りしたことはありませんでしたが、

今回この記事をご紹介するにあたり、年々増加する訪日外国人観光客のために

JAPAN:the Official Guide』という、

“いざというときの日本で医療を受ける際に役立つウェブサイト”がある、

ということを知ったので、

道を尋ねられた時に応じるように、もし医療に関する困ったことがあれば、

受け入れ側としてこれを紹介して少しでも力になるような手助けをしようと思います。

 

 

201812072.JPG

 

 

この春関西に上陸したNY発のハンバーガーショップ“SHAKE SHACK”は、

阪神百貨店の1階にあります。

テラス席も設けられているので、

気候の良いときであればテラス席で頂くと、更にNY気分が味わえるかもしれません。


続きを読む

ハイジニスト通信

情報発信局

2018/12/06

間違った伝え方②

 こんにちは。岐阜クリニック歯科衛生士の中村です。

 

 前回の続きです。

歯ぐきのケアをがんばるように言われて、歯ぐきを直接ゴシゴシと磨いていた患者さま…。

実際に模型を使って、その方のやっていたやり方をやっていただくことで

歯ぐきのケアの仕方がうまく伝わっていないことに気づいた私は

患者さまにその場で、歯の模型を使って歯ブラシの当て方やフロスの通し方をお伝えしました。

すると、患者さまが思っていることとは違っていたことが分かりました。

 

具体的に、歯ぐきの境目の場所や、歯ブラシの当て方、動かし方を

言葉だけではなく、実際に見てもらうことの大切さを改めて実感したのと同時に

自分の伝え方のせいで、患者さまに誤ったハミガキの仕方をさせてしまったことが

大変申し訳なく思い、深く反省をしました。

 

「磨けているつもりでも、磨けていない」をなくすために

「伝えているつもりでも伝わっていない」を私達がなくしていくことが

大切だと改めて実感しました。

 

 

20181129.JPG 

 

 

 温泉を楽しんだ翌日、源泉が湧き出る「地獄谷」観光にいきました。

いかにも怖そうな名前ですが、自然が作り出した火山口からもくもくと湧き出る

湯気のダイナミックさは、その場で立ちすくんでしまうほどの絶景です。

20181129


続きを読む

歯科衛生士物語

働く歯科衛生士への道

2018/12/03

食事の悩み

こんにちは☆歯科衛生士の濵本です。

最近の私の悩みといえば、子どもの食事の時間が長いこと。

途中で遊び始めたりして、長い食事に付き合うこちらも大変です('_')

 

ブログを書くにあたって、この長い食事の改善策を調べてみると

シンプルですがやはり「お腹をすかせること」が一番大切なんだそうです☆

たくさん遊んで、おやつは時間を決めて控えめに。これはむし歯予防にもなりますね)

さらに、子どもの集中力を考えると、食事は20分程で切り上げるのがいいとありました。

 

あれこれと言いたいことがたくさんあって

お口のためには『よく噛んで食べてね』とか言うべきなんでしょうが

そこまで辿り着いていないのが現実です・・・

私自身もイライラしてきてしまうので、せっかくの食事が楽しくなるよう

いろいろな方法をやってみようと思います。

同じような悩みをもつママたち、がんばりましょうね☆ 

 

先日、家族ででかけた伊勢神宮❤おかげ横丁でたくさん食べ歩きをしてからの参拝。

たくさんのパワーをもらってきました!

子どもたち初体験の伊勢うどん。

 

IMG_9227.jpg

 

子どもが食べやすい柔らかさで、ペロッとたいらげていました。

 

~私の診療日のご案内です~

スクリーンショット 2018-09-21 12.18.10.pngのサムネール画像

 


続きを読む

ブランディング・ノート

明るい未来をしめす道標

2018/12/01

聴く専門家②

こんにちは。クリニカル・コーディネーターの市田です。

前回のブログでは、『非言語コミュニケーション』についてお話しましたが、

今回は、『言語コミュニケーション』について学んだことをお話します(^^)

この言語コミュニケーションでは、患者さまに“この人、話を分かってくれた!”

と思っていただくための4つの大切なことを学びました。

①傾聴 → オウムのように患者さまの話をおうむがえしすること

②受容 → 話すペースやトーンを合わせたり、ミラーのように真似をすること

③共感 → 患者さまの思っているであろうことを伝えたり、感想を言うこと

④支援 → クリニックや私に出来ることを伝えること

人は、共感し合ったり、同じような動作をすることで安心感を得るそうです。

“あの人に話したい” “あの人なら分かってくれる”と患者さまに指名していただけるような

クリニカル・コーディネーターを目指して、

非言語コミュニケーションと言語コミュニケーションを上手に使い分けることで

色々な方との1回1回のカウンセリングのお時間を大切にしていこうと思います。

 

 

20181201.jpeg

 

 

紅葉の見頃を迎えた養老公園の養老の滝は、

険しい坂を登るつらさを上回るほど、絶景でした♬


続きを読む

teethmineの目指すもの

歯科衛生士が綴る社会派ブログ

2018/11/30

『お口の健康が支える健康寿命』

こんにちは。

京都クリニック歯科衛生士の橋本です。

今回は8月18日・19日に行われた北海道歯科学術大会についてご紹介します。

 

 

201811303.jpg

 

 

『お口の健康が支える健康寿命〜人生100年時代に向けて〜』をテーマに

道民公開講座が開催され、会場は600名を超える来場者で満席となり、

口腔の健康に対する関心の高さが感じられました。

                           (日歯広報 第1715号より)

旭川市出身で祖父、父、弟が歯科医師、母は歯科衛生士という歯科一家である

杉村太蔵・元衆議院議員の講演に加えて、

国民の健康な生活を守るために『良質な歯科医療を維持する努力の必要性』が訴えられました。

 

“人生100年”・・・

31歳の私は人生の3分の1あたたりで折り返し地点にも至っていません。

まだまだ長いこれからの人生で、変わらず健康的に

そして自分の歯で過ごしていくためにも、

ガタガタで磨きにくかった歯ならびを矯正治療でキレイに整えて

大学生の時に口の環境づくりをして良かったと思います。

『良質な歯科医療を維持する努力』のひとつとして歯科衛生士の私にできることは、

多くの方々にも自分の経験や学びを交えて

矯正治療を通した歯と口の健康づくりの大切さを伝え続けていくことだと感じています。

 

  

201811302.JPG

 

 

冬はスキー場となるびわ湖バレイは、

4〜11月は“びわ湖テラス”という高原リゾート施設として営業しています。

山頂からは琵琶湖を一望できる絶景を眺めることができるので、

可読でのお出かけやデートスポットとしてもとても楽しめる場所でオススメです! 


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/11/28

"やる気"スイッチ part①

こんにちは。

京都クリニック クリニカル・コーディネーターの伊藤です。

今日は1990年代の新聞記事から、

「”受け身”の治療から、”やる気”の治療へ」と、意識がかわった患者さまのお話を

ご紹介します。

 

 

 20181128.jpg

 

 

歯周病治療のために訪れた歯科医院で、まずじっくりと気持ちを聞いてもらい、

その後、お口の状態を客観的に見てもらうための指導を受けたこの男性。

歯を”助けてもらいたい”という気持ちから、”自分で治すぞ!”という意識に変わったと

いいます。

 

このteethmineでもみなさまに前向きな気持ちで治療にのぞんで頂けるよう、

様々な取り組みを行っています。

 一つ目は、みなさまの通院をサポートする専任のスタッフとして、

クリニカル・コーディネーターがいることです。

今抱えておられる不安やお気持ちに寄り添い、みなさまと先生との橋渡しを行っています。

初めのカウンセリングだけでなく、年に一度はじっくりとお話をお聞きするお時間を

とるよう、こちらよりお声かけするようにしていますので、

この際には時間を気にすることなく、治療の進み具合やご要望、通い方を含め

何なりとご相談下さい。

teethmineは、お一人お一人が快適に通い続けていただくことを大切にしています。

 

                                 次に続きます。

 

 

2018112803.jpg 

 

 

フィンランドはヘルシンキの街並みです。

外は1度と肌寒く、あいにくの曇り空でしたが、どこもかしこも絵になる風景ばかり。

寒さも何のその、です。

港には普段はあまり見ることがないカモメが沢山いて、のんびりとしたのどかな光景も

楽しめました。

 20181128


続きを読む

ブランディング・ノート

明るい未来をしめす道標

2018/11/24

聴く専門家①

こんにちは。クリニカル・コーディネーターの市田です。

前回の続きです。

今回は、"クリニックコンシェルジュ”の『聴く専門家』について

学んだことをお話します♪

矯正治療を受けていて様々な悩みや心配事、

不安、不満などを抱えている方がいらっしゃると思いますが、

実際に直接言葉にして伝える方は少なく、

心の中でモヤモヤしていることが多いのではないでしょうか?

そんな患者さまの”言葉にならない想い・感情(非言語メッセージ)を受け止める”ために

『非言語コミュニケーション』を活用すると良いということを知りました。

この講座では、カウンセリングで応用できる

「8つの人間の動き」について学びましたが、

動きの種類によって、その人が「迷っているのか」「強い不安があるのか」など

様々な想いを感じ取ることができます。

さっそく、人見知りで心配性な女性の患者さまの、

目線と手の動きに注目するようにして、学んだことを生かし声かけをしてみました。

すると、カウンセリングを終えた後のその方は、

とてもスッキリした表情で、“ありがとうございました”と言ってくださいました。

この笑顔を見ると私まで嬉しくなり、

上手く患者さまの想いをキャッチすることができたのではないかと思います。

満足してクリニックに通っていただくことができるよう、

同じように、しぐさや動きにも目を配り、カウンセリングでのお話をしていこうと思います。

 

 

20181124.jpeg

 

 

もみじの色づきが見頃を迎えていますね♬

道端に散っていたもみじがとてもキレイで、思わずカメラを手にしました。

 


続きを読む

カテゴリ

月別一覧

検索


teeth mine 京都クリニック
京都市北区小山下初音町45
TEL:075-491-9990
FAX:075-491-9991

京都の閑静な住宅地の中にたたずむモダンな外観のクリニックです。クリニックの門をくぐると、どこからか心地よい音楽が流れてきます。石だたみのスロープを進むと、明るい待合室が皆さまをお迎え致します。

teeth mine 京都クリニックホームページへ
teeth mine 岐阜クリニック
岐阜市長住町2-4 大橋ビル3F
TEL:058-266-9001
FAX:058-266-9002

さわやかな笑顔を獲得したい人、そして、子ども達の将来をお考えのお母さまに、新しい歯科治療の流れをご提案します。

teeth mine 岐阜クリニックホームページへ