ハイジニスト通信

情報発信局

2017/10/19

お子さまのブラッシングについて

 こんにちは。岐阜クリニック歯科衛生士の中村です。

 

 Q 子どもたちが自発的にしっかり時間をかけて歯磨きする方法は?


 

2017101902.jpg

 

 

A 子どもが行う歯磨きの時間が短くても歯磨き嫌いでなければ問題ありません。

小さい頃は磨く時間が長ければよいわけではありません。

”磨かせる” より ”むし歯になる部位を体で覚えてもらう” のがポイントです。

                      (朝昼番 第1465号/日本歯科医師会)

 

特に上下の奥歯のかみ合わせ部分や、上の奥歯の頬がジャマで

みがきにくいところが磨き残しが多く、むし歯になりやすい場所です。

私が実際にお子さまにブラッシングのお話をする時は

鏡で一緒に、汚れがたまっている場所やみがきにくいところを見ながら

どうやってハブラシを当てたらきれいになるかを

クイズ形式で分かりやすくお伝えすることで

磨かなければいけないポイントを覚えてもらえるように工夫しています。

 

 

20171019.jpg

 

 

 岐阜県初大型トランポリンパーク!

がある大垣市の「A.T.SQUARE」へ行きました。

トランポリンをしながら「なわとび」や「ボール」で遊ぶこともできて

子どもから大人まで楽しめるオススメの施設です ♪

トランポリンをしながらの「なわとび」は意外と難しく

前飛びを10回続けるのが精一杯でした。


続きを読む

デンタル・ケアタイム パート2

2017/10/18

黒い歯ブーム

 こんにちは。

京都クリニック デンタルアシスタントの伊藤です。

 

前回は「白肌」と「白い歯」が現代のトレンドとお伝えしましたが、

今回は「黒い歯」がトレンドだった「お歯黒の歴史」についてご紹介したいと思います。

 

始まりははっきりとしていませんが、書物の記述から少なくともこの風習は数千年前にあり、

大正時代まで続いていたことが推察されています。

江戸時代には、黒は不変の色で何色にも染まらないという意味から、「二夫にまみえず」

という既婚女性のしるしであったとされ、次第に庶民に広まっていきました。

このお歯黒のすごいところは、むし歯を予防する作用とその進行を抑制し、

知覚を鈍麻する作用まであったということ。お歯黒に使われていた材料や染めるために

丹念なお口の清掃・塗布を行っていたことが要因ではと考えられています。

     (上記参考HP:テーマパーク8020、POLA 江戸時代のメーク&トレンド)

 

当時は歯が黒く輝いているほど「美人」であるということですから、今とは考え方が

全く違っていて面白いですね。

また見た目だけでなくむし歯予防も兼ねていたことに驚きです。

現代はお歯黒でむし歯を予防する訳にはいきませんので、フッ素のジェルなどを上手く使って

予防をしていきたいですね。

 

teethmineでは「フッ化第一スズ」が配合されたフルーツフレーバーの

ホームジェル(810円)」や、ミント味の「ConCool ジェルコートF(1,080円)」

などをご用意しております。

(ConCool ジェルコートFは、歯みがき剤としても使っていただくことができます)

甘い味がお好きな方や、お子さまにはとくにグレープ味のホームジェルが人気ですし、

爽やかさを求められる方はConCool ジェルコートをオススメ致します。

お好みに合わせてお使い下さい。

 

 

 20171018.jpg

 

 

奈良といえば平城京。

見応えたっぷりな平城京跡は、どこから写真を撮ってもステキなところです。

敷地の中に植えてあった金木犀も立派で、秋らしい良い香りがしていました。

来年3月には平城京跡歴史公園が開園するそうです。

また折を見て訪れたいと思います。

 

 


続きを読む

デンタル・ケアタイム パート2

2017/10/17

赤ちゃん時代からお手入れを!

こんにちは。

京都クリニック デンタルアシスタントの伊藤です。

今日は2001年5月発売の雑誌『ベビーエイジ』から、

「赤ちゃん時代から始めるむし歯予防」についてご紹介したいと思います。

 

 

20171003.jpg 婦人生活社/出版

 

 

記事は、生えたての赤ちゃんの歯をむし歯にさせないための正しいケア方法について

紹介しています。

お家でできるホームケアなどは、こうした雑誌や本なので十分な情報を得ることが

できると思いますが、加えて小さい頃からの「かかりつけ歯科医医」をもつことも

非常に大切です。

日本小児歯科学会のデータによると、むし歯治療開始年齢が低いほど、12歳でむし歯の

本数も多くなる傾向があり、定期健診を受けている子どもは受けていない子どもに比べて

むし歯は少ないという結果が出ています。

小さい頃から始める定期健診の重要性が分かります。

 

teethmineでは、赤ちゃんがまだお母さんのお腹の中にいる頃から、

親子でお口のケアを行うエンジェルコースをご用意しています。

赤ちゃんが3歳になるまでの期間限定コースです。

このコースでは、マイルド・クリーニングとトリートメント・ケア、お子さまの月齢に

合わせたお口の話、親子でお口のチェックとブラッシング実習、フッ素塗布などを

ご提供しています。コースは全7回となり、全て受診後には、赤ちゃんの歯の記録と写真を

ファイルにしてプレゼントいたします。

2人分のケアを受けることができますので(全7回:37,800円)妊娠が分かったら

早めにご登録されることをオススメいたします。

 

赤ちゃんの歯といえば、上野動物園のジャイアントパンダの赤ちゃんも、

上下左右に4本の歯が生えたことが話題になりました。

日に日に可愛らしさを増す赤ちゃんの映像を見て、癒やされている方も多いのでは

ないでしょうか。

 

 

2017100302.jpg 

 

 

「シャンシャン」という名前も、響きが良いですね。

 

20171004

 


続きを読む

ハイジニスト通信

情報発信局

2017/10/16

すきまのお掃除に歯間ブラシ

 こんにちは。岐阜クリニック歯科衛生士の中村です。

 

 様々なサイズ、タイプが揃う「歯間ブラシ」

 

 

2017092802.jpg

 

 

歯ブラシが届かず、みがくことが困難な歯と歯の間やブリッジ

矯正装置などの周辺スペースは、プラークのかっこうのすみか。

みがくのが困難な、そんなところに最適なのが「歯間ブラシ」です。

                    (歯っぴいスマイル第12号/日本歯科医師会)

 

歯間ブラシのサイズは、大きすぎず、小さすぎず

歯と歯の間に無理なく通せるものをオススメしています。

通す時は、歯の側面に付着している汚れを落とすようにブラシを当てるとよいです。

さらに、洗口液やフッ素をつけながら通すとスッキリするのと

歯の間にも薬効成分が行きわたることで、むし歯や歯周病の予防にもなります。

サイズ選びで迷う、歯と歯の間にブラシを通すのがコワイという方には

実際にやり方のコツをお伝えするようにしています。

担当の歯科衛生士に遠慮なくおたずね下さい。

 

 

20170928.jpg

 

 

 ドイツ旅行をした衛生士仲間からお土産でもらった歯磨き粉「aronal」

ドイツでは有名な歯磨き粉だそうです。

磨いた後は、とてもスッとしたミントの味でした。

 

20170928


続きを読む

ブランディング・ノート

明るい未来をしめす道標

2017/10/14

スピーディーな応対 ③

こんにちは。クリニカル・コーディネーターの市田です。

前回の続きです。

 

車内に流れたアナウンスは、帰る手段が無くなった乗客への休憩所の案内でした。

名古屋駅に到着し、電車を降りると

やはり急なことで駅員さんも走り回って大変そうな様子でしたが、

場所の案内や休憩所の準備と、それぞれの役割に責任を持って

素早く行動しているのが伝わってきました。

急な出来事であっても、瞬時に自分の役割をきちんと果たすことができるような人に

私もなりたいと思いました。

そのためには、まだまだ勉強して色々な知恵や知識を取り入れていきたいです。

 

 

20171014.JPG 

 

 

愛知県犬山市にある『お菓子の城』で作った力作のクッキー“ミニーちゃん” ♫

食べるのが勿体ないほどの出来映えでした!


続きを読む

teethmineの目指すもの

歯科衛生士が綴る社会派ブログ

2017/10/13

『女性歯科医師の活躍のための環境整備に関する調査報告』

こんにちは。

京都クリニック歯科衛生士の橋本です。

 

今回は、『女性歯科医師の活躍のための環境整備に関する調査報告』(日本歯科医師会)

についてご紹介しようと思います。

 

 

20171013.jpg

 

 

20〜30歳代の女性歯科医師を対象に、就業実態や必要とされる復職・就業継続の支援等を

調査・把握し分析するために、実施されました。     (日歯広報 第1660号より)

 

 

“女性歯科医師として勤務する際の、女性ならではの困難な経験”という問いでは、

8割近くが「特にない」と回答した一方で、

こどものいる女性歯科医師では「特にない」という回答は、1割と少数で、

仕事を続ける上で困った経験をした人が逆に多いということが分かりました。 

 

日本歯科医師会では、

前回のブログ(高歯やまもも会)でご紹介したような各地域での取り組みに加えて、

『女性歯科医師を応援する就業支援』事業も展開しています。

子育てや家事との両立での悩みだけでなく、病気療養後の現場復帰や介護と仕事の両立、

といった様々な悩みがそれぞれにありますし、

治療を受ける患者さまの立場で考えれば、長く同じ歯科医師に診てもらい、

お口の中のこと全てをお任せできる、かかりりつけ医を望んでいると思います。

歯科医師に限らず、私たち歯科衛生士や働く女性たちが、

ずっと活躍できるような取り組みが更に広がることに期待したいと思います。 

 

 

201710132.jpg

 

 

 前回お伝えした、“伊賀焼陶器まつり”では、

カップ・ソーサーに箸置き、陶板焼きを買いました。

中でもお気に入りは手前のカップです。

これでコーヒーを飲むのが楽しみのひとつになりました。


続きを読む

デンタル・ケアタイム パート2

2017/10/11

白肌ブーム

 こんにちは。

京都クリニック デンタルアシスタントの伊藤です。

今日は2001年8月に発売された雑誌『CanCam(キャンキャン)』から、

「歯ヂカラupのデンタル美容作戦』という記事から、「美白」について

考えてみたいと思います。

 

 

20171011.jpg 小学館/出版

 

 

記事は「美白=白肌」から、「次のブームは”歯”」として、デンタル美白について

特集しています。

日本の美白ブームのはじまりは飛鳥・奈良時代までさかのぼり、仏教とともに白粉化粧

が伝わったことがきっかけで、そこから白粉化粧の「白い肌」が上流階級のステータス

になりました。

江戸時代になると庶民にも普及し、「白い肌」がおしゃれと考えられるようになり、

紆余曲折を経て現代は白いだけでなく、ツヤと透明感があり、キメの整った潤いのある

「美肌」がトレンドになったそうです。

                     (上記参考HP:POLA 美白の化粧文化史)

 

こうした背景をふまえると「白肌」がステータスになった今は、

歯だって白くきれいにしたいと思うのは当然の流れといえます。

お肌に手をかけてあげるように、歯も同じように手をかければ、白くてツヤのある

「美しい歯」が手に入ります。

teethmineでは、エナメル質から溶け出したミネラルを補給し、ミクロの傷を修復して

歯垢や着色汚れをつきにくくしてくれる「アパガードリナメル(2,376円)」をご用意

しております。使ったその日から歯にツヤとなめらかさがでるので、その効果をすぐに

実感していただくことができます。身近な方へのプレゼントとしても喜ばれること

間違いなしです。試供品もご用意しておりますので、ぜひお試し下さい。

 

 

 2017101102.jpg

 

 

先日奈良県の若草山の夜景を見てきました。

新日本三大夜景の一つの含まれ、奈良盆地全体を一望できます。写真以上に実際は

とてもきれいな眺めで、時間を忘れてしまいました。


続きを読む

ブランディング・ノート

明るい未来をしめす道標

2017/10/07

スピーディーな応対 ②

こんにちは。クリニカル・コーディネーターの市田です。

前回の続きです。

台風がまともに関東を直撃したため、23時には名古屋到着の予定が、

安全のために途中で帰りの新幹線がストップしてしまいました。

直角のイスで何時間も座っている苦痛を味わったり、

周りの乗客からも不安の声が・・・

結局名古屋に到着したのは、夜中の2時!( ^^ ;

とっくの間に名古屋駅からの終電はなくなり、

どうやって自宅まで帰ろうかと考えていると、車内にアナウンスが流れました。

 

次に続きます。

 

 

2017107.JPG

 

 

ウルトラジャパンのステージは、まばゆい程の光と重低音の音楽がマッチして、

その光の中には有名なDJ『Hardwell』が登場し、1日中盛り上がりっぱなしでした♬


続きを読む

teethmineの目指すもの

歯科衛生士が綴る社会派ブログ

2017/10/06

『高歯やまもも会』

こんにちは。

京都クリニック歯科衛生士の橋本です。

今回は、高知県女性歯科医師の会『高歯やまもも会』についてご紹介しようと思います。

 

 

201710062.jpg

 

 

もっと女性の先輩とお話がしたい」という県歯役員への要望を受けて、

平成24年7月に、高知県女女性歯科医師の会『高歯やまもも会』を立ち上げた。

              <中略>

県内の女性歯科医が互いの意見や情報を交換し、

相互扶助のネットワークを形成していくための活発な交流の場として、

定例会『高歯やまももの会』を行っています。

現在、会員数は全会員数の約1割弱で、

 新規発足の女性歯科医師の会としては順調な滑り出しです。

とのことです。                     (日歯広報 第1688号より)

 

ここで話は変わりますが、私が今観ている『デスパレートな妻たち』という海外ドラマの、

主人公のひとりキャリアウーマン“リネット”は、

結婚・出産を機に退社、4人のこどもの母親として毎日奮闘中。

やんちゃなこども達の世話に追われて精神的に限界となり、ある日家を飛び出すことに・・・。

それでも近所の仲良しママたちが励ますと、

リネットは自分だけが悩んでいるのではないと知り、気持ちをラクにすることができたのです。

 

何も知らずにひとりで頑張ると、時に思い悩むこともあるかと思います。

私も、歯科衛生士の友だちに悩みを聞いてもらったり、

逆に相談に乗ったりすることもありますが、

同じ立場の者同士、お互い分かり合い易いこともたくさんあります。

リネットのように、ひとりで悩んで思い詰める前に、

やまもも会のように情報交換・共有できる場があるのは、

とても心強いネットワークだと思います。

 

 

201710063.JPG

 

 

 爽やかな秋空の下、三重県伊賀市へ。

伊賀といえば、“忍者”というイメージですが、今回の目的は『伊賀焼陶器まつり』です。

友だちに誘われて訪れたので、「初めて聞くな」と思っていましたが、大盛況。

作家さんによってそれぞれ個性があり、見ているだけでもとても楽しかったです。

いくつか購入をしたので、次にご紹介させていただきます。 


続きを読む

teethmineの目指すもの

歯科衛生士が綴る社会派ブログ

2017/10/05

202030

こんにちは。

京都クリニック歯科衛生士の橋本です。

 

今回は、日歯広報のコラム“天地人”での記事について、ご紹介しようと思います。

 

  

201709293.JPG

 

 

『202030(ニイマルニイマルサンマル)』という言葉をご存じの方も多いと思う。

これは、2020年までに、

あらゆる分野の指導的地位に女性が占める割合を少なくとも30%にすると

政府が提唱している目標で、“女性が輝く社会”の実現を目指すもである

とあります。                   (日歯広報 第1691号より)

 

日本歯科医師会では、女性歯科医師の活躍に向けた取り組みをしており、

平成26年の女性歯科医師数は2万3428人で、

約5人に1人は女性歯科医師であることが分かりました。

 

私が以前勤務していた歯科クリニックには非常勤の歯科医師5人の内、

4人は女性歯科医師だったので、

「歯科医師って男性のイメージが強いけれど、どんどん女性も活躍している職業なんだ」

と驚いた記憶があります。

 

teethmineも、岐阜クリニック院長は、女性歯科医師かつ母親、日々育児や家事もしています。

同じ女性として、“主婦業”もこなしながら、

社会でも活躍している姿は、とてもカッコイイです。

私はプライベートはとても大切にしたいと思いますが、

“歯科衛生士”として社会でずっと活躍し続けることができるように、

身近な人たち(岐阜クリニックの院長や母親、結婚しながら働く友人)

をお手本にしていきたいと思います。

 

201709292.JPG

 

台風18号が上陸しながらも何とか開催されて訪れた、Charaのライブ。

今回で3回目ですが、今までで一番近くで見ることができました。

Charaも今年で50歳になるのに精力的にライブや音楽制作活動に取り組みつつ、

育児・家事もこなしています。

見た目の可愛さや、女性として輝いて生きているところがとても魅力的です。

次のライブも訪れて、またパワーをもらおうと思いました。 


続きを読む

カテゴリ

月別一覧

検索


teeth mine 京都クリニック
京都市北区小山下初音町45
TEL:075-491-9990
FAX:075-491-9991

京都の閑静な住宅地の中にたたずむモダンな外観のクリニックです。クリニックの門をくぐると、どこからか心地よい音楽が流れてきます。石だたみのスロープを進むと、明るい待合室が皆さまをお迎え致します。

teeth mine 京都クリニックホームページへ
teeth mine 岐阜クリニック
岐阜市長住町2-4 大橋ビル3F
TEL:058-266-9001
FAX:058-266-9002

さわやかな笑顔を獲得したい人、そして、子ども達の将来をお考えのお母さまに、新しい歯科治療の流れをご提案します。

teeth mine 岐阜クリニックホームページへ