grow up days

クリニカル・コーディネーターとしての成長日記

2017/08/16

〜 患者さまのことを知る 〜 クリニカル・ベーシックセミナー⑥

こんにちは。クリニカル・コーディネーターの勝村です。

今日は、前回に続き、クリニカル・ベーシックセミナーについてです。

講師長谷先生から1日1回しか歯みがきをしない患者さまの話がありました。

その方は、むし歯も多く、歯ぐきも弱っていて、お口の状態をよくしていくためには何かをする

必要がありました。

そこで長谷先生は患者さまが歯みがきするのは1日1回なのかの理由を聴き取ることで、

その方の考え方やライフスタイルに合ったご提案をしたところ、ホームケアに新たなケアを

プラスしてもらうことができたそうです。

患者さまのことを詳しく聴き取りをしたり、色々なプランをご提案したり、

どのようなことができるのかを相談するようにしている私も、

『口の中を通じ患者さまが長く健康でいられるためのサポートをする』ために

このスタイルを続けて行きたいと思います。

 

 

20170704.jpg

 

 

彼に連れられ名古屋パルコで期間限定開催されている

「ドラゴンクエストミュージアム」に行ってきました。

カフェも併設されており、私が注文したのは『メタルスライムカレー』。

名の通りカレールーは灰色をしており、正体不明のカレーにドキドキして食してみると、

甘いココナッツの優しい味でとてもおいしい!

彼がドラゴンクエストの魅力を熱く語ってくれ、ゲームに挑戦してみましたが、

3日で断念しました・・・。

 

2017.7.4


続きを読む

デンタル・ケアタイム パート2

2017/08/16

歯みがきをする場所はどこですか?

こんにちは。

京都クリニック デンタルアシスタントの伊藤です。

今日は2000年10月に発売された雑誌『KIREI(きれい)』から、

「いちばん大切なのは夜の歯みがき。おすすめは『バス(お風呂)磨き!」という

記事についてご紹介します。

 

 

20170724.jpg 笠倉出版社/出版

 

 

みなさまは普段、歯みがきをどこで行っていますか?

記事はいちばん大切な寝る前の歯みがきを、お風呂に入りながらじっくり磨く

「バス磨き」を提案しています。

お風呂で体を温めつつ、歯みがきもできれば一石二鳥というところでしょうか。

面白いなと思いました。

私は洗面所で鏡を見ながら磨きます。

インターネットで調べてみると、「歯みがきを行っている場所」について調査を行った

面白い記事が個人のブログにあったのでご紹介しようと思います。

この方の調べによると(※2015年調査・有効回答数48件)もちろん1位は「洗面所」ですが、

約4割が「洗面所以外」の回答となり、2位に「お風呂」が挙がっていました。

他にも「リビング」「歩きながら」「自室」という回答もありました。

歩きながらはちょっと危ないような気がしますが…。磨く場所も色々ですね。

 

とにかく場所にこだわらず「できる時にできる場所でしっかり磨く!」を、teethmineでは

おすすめしています。

 

 

2017072402.jpg 

 

 

誕生日に姉から貰った日傘です。涼しげなデザインでお気に入りです。

今年の夏に大活躍してくれそうです。

 

 

20170724


続きを読む

デンタル・ケアタイム パート2

2017/08/16

歯科選びの目安に

こんにちは。

京都クリニック デンタルアシスタントの伊藤です。

今日は1997年12月に発売された雑誌『わかさ』から、

「歯を治すときは信頼できる歯科医選びが大切で、選ぶ際の重要ポイントはこれ」

という記事についてご紹介しようと思います。

 

 

20170816.jpg わかさ出版/出版

 

 

記事では「入れ歯」を例に、「定期検査や管理に熱心であること」「アフターケアがある」

「歯の状態や治療内容、費用、保険か自費か、歯科医の説明がそれぞれについてくわしい」

ことなどを、歯科選びのポイントにすると良いと挙げています。

他によい方法としては、かかりつけの歯科医から実績のある専門医を紹介してもらうことと

しています。

矯正治療を考える時も、これらに共通しているポイントがあるのではないでしょうか?

また歯科医にも専門性がありますから、矯正治療の場合は「矯正歯科」の専門であることに

加えて、日本矯正歯科学会の「認定医」であるかどうかも目安になります。

 

記事は20年以上前のものですが、歯科を選ぶ時のポイントに変わりは無いと思います。

矯正治療であれば、まず専門医に相談し、その上で希望する条件を考えてみては

いかがでしょうか?

また今は20年前に比べるとインターネットも普及し、いつでも誰でも好きな時に

情報を集めることができる時代です。

医院のHPや口コミなどもチェックしてみるのが今風なのかもしれません。

 

 

2017081602.jpg

 

 

中学性の頃に購入した扇子を、今もまだ使い続けています。

初めて京都旅行した時に買った想い出の品です。

あの頃は、縁があってこの土地に住むとは・・・思いもしませんでした。

 

 


続きを読む

ブランディング・ノート

明るい未来をしめす道標

2017/08/12

笑顔100点!しっかりboy ①

こんにちは。クリニカル・コーディネーターの市田です。

 

先月23日で、めでたく21歳の誕生日を迎えました ^^

『20歳を過ぎるとあっという間に時間が流れる』というのを実感しています。

今年の誕生日は友人に囲まれ、本当にたくさんの人から祝ってもらい、

「つくづく私は幸せ者だ」と感じました♪

 

 

 

20170812.JPG   201708122.JPG

 

 

 

こんなにも素敵なお花もプレゼントされました!!

 

そんな幸せな誕生日の素敵なエピソードを皆さまにお話したいと思います。

次に続きます。


続きを読む

teethmineの目指すもの

歯科衛生士が綴る社会派ブログ

2017/08/11

『TOOTH FAIRY』

こんにちは。

京都クリニック歯科衛生士の橋本です。

今回は、『TOOTH FAIRY』という活動についてご紹介しようと思います。 

 

  

201708112.jpg 

 

 

この活動は、治療上撤去した不要な冠などの金属をご寄付いただき、

その中に含まれる金、銀、パラジウム、プラチナをリサイクルした資金で、

貧困や重い病気と闘う子どもたちを支援するプロジェクトです。

この活動は、共感してくださった歯科医師と患者さまの協力により進めています。

                     (日歯広報 第1677号 付録より)

 

西洋では、抜けた歯乳歯を枕元に置いて寝ると、

夜中に“TOOTH FAIRY”がこっそりとその歯をもらいに来て、

お礼にプレゼントと交換していくという言い伝えがあり、このプロジェクトが始まりました。

寄付金の使い道は、

フェアリースクールプロジェクト・・・ミャンマーの子どもたちのための、継続的な教育支援

                 (例:学校建築)

フェアリーチャレンジキッズプロジェクト・・・重い病気と闘う子どもとその家族の応援

                 (例:施設整備)

と大きく2つあります。

 

歯科衛生士であるにもかかわらず、ブログのテーマを探してる時に、

このような取り組みを初めて知りました。

“知っている”だけで終わらせずに、

このようなブログを通して皆さまに知って賛同していたり、

周りの方で「不要な歯の詰め物がある」ということがあれば、

「“TOOTH FAIRYって知ってる?”」とお声がけしていただけたら、とても嬉しいです。

 

 

20170811.JPG

 

 

みたらし団子発祥と言われている、“加茂みたらし茶屋”のみたらし団子。

空いている時間に行ったので、並ばずにできたてのアツアツを食べることができました。

上品な甘さで、昼食後だったにもかかわらず、あっという間にペロリとすることができました。


続きを読む

ハイジニスト通信

情報発信局

2017/08/10

知っていますか?オーラルフレイル

 こんにちは。岐阜クリニック歯科衛生士の中村です。

 

 日本歯科医師会において2015年3月より啓発活動を行っている「オーラルフレイル」は

噛む力や舌の動きなどの口腔機能の加齢による低下を指します。

また、「オーラルフレイル」の予防が全身の健康に寄与することもわかってきています。

 

 

20170810.jpg    (デンタルハイジーン第36巻2号/医歯薬出版)

 

 

「オーラルフレイル」の予防をするには、早期発見により悪いところを治し

食べる力を高めて栄養を取る力を維持することが大切です。

 

teethmineでは、「メインテナンス・クリーニング」や「トリートメント・ケア」により

むし歯や歯肉炎の早期発見、予防をすることで

歳を重ねても「オーラルフレイル」を感じさせない口の中を患者さまと一緒に目指します。

 

 

2017081002.jpg 

 

 

 「趣味は料理です♪」

・・・と言える日を目指して、最近少しずつ休日に料理をしています。

母にもらった花嫁修行のための料理本を参考にがんばります!


続きを読む

デンタル・ケアタイム パート2

2017/08/09

オススメはキシリトール100%のガムです

 こんにちは。

京都クリニック デンタルアシスタントの伊藤です。

 

今日は2000年12月に発売された雑誌『DIME(ダイム)』から、

キシリトールガムについて考えてみたいと思います。

 

 

20170809.jpg 小学館/出版

 

 

市販されているガムについて紹介しているこちらの記事。

機能性別に見ていくと、「むし歯予防に効果的」と謳われているガムの多くは、

天然の甘味料である「キシリトール」が配合されています。

むし歯予防に効果的なキシリトール製品では、キシリトールが50パーセント以上

含まれていることが望ましく、含有量が明記されていない時は、成分表示をみて

「キシリトールの量」を「糖質の量」で割ると分かるそうです。

 (参考HP:日本フィンランドむし歯予防研究会

 

teethmineでは、歯科専有のキシリトール100%配合のガムを取り扱っていますので、

むし歯予防を目的にガムをかむという方は、ぜひキシリトール100%のものを

お試しください。

また、かめばかむほど効き目も期待することができるので、食後や移動時間、運転中などに

ガムをかむ習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

2017080902.jpg 

 

 

暑い日が続いています。海に行きたいこの頃です。


続きを読む

歯科衛生士物語

働く歯科衛生士への道

2017/08/07

8年目

こんにちは☆歯科衛生士の濱本です。

 

私は産休・育休の2年も含めると今年で歯科衛生士8年目になります。

はじめは覚えることに必死で、決められた衛生士業務をこなすだけで精一杯でした。

 

それがだんだん

『担当する患者さまおひとりおひとりに合った口腔ケア』について考えるようになり、

その方に合ったケア方法や、自分なりの提案をどんどんしたいと思うようになりました。

 

新人のころは緊張した患者さまとの会話も経験を積んでいくうちに楽しくなり

患者さまを知ることは、その方に合った口腔ケアの提案につながっていくことも

分かるようになりました。

 

まだまだ未熟なところもありますが

患者さまはどうしたいのか」「自分には何ができるのか」を考えながら

成長していきたいです。

 

先日、teethmine恒例夏のビアガーデンに子どもたちと参加しました。

子どもたちも初めてで慣れない環境に緊張しつつも

先生が用意してくれたプールに入り、楽しんでいました♪

 

ビアガーデンプール.JPG
続きを読む

ハイジニスト通信

情報発信局

2017/08/06

口の健康=体の健康

 こんにちは。岐阜クリニック歯科衛生士の中村です。

 

 「Floss or Die!(フロスか死か!)」

 

 

 

20170803.jpg

 

 

1990年代後半、アメリカのマスコミから発信されたこの言葉は

「デンタルフロスや歯ブラシをきちんと使い、口腔清掃を励行して長生きしますか?

 それともそれをさぼって歯周病になり、命を脅かす別の病気にかかり寿命を縮めますか?」

という意味です。

                   (デンタルハイジーン第35巻11号/医歯薬出版)

 

最近では歯周病が誤嚥性肺炎などの呼吸器疾患や心臓血管疾患、脳梗塞、

糖尿病、肥満などの全身疾患にも関連していると言われています。

「死にたくなければ、歯みがきをきちんとして下さい!」とだで伝えるのではなく

「お口の健康から全身の健康を守るための1歩として、口の中の菌(汚れの固まり)を減らす」

ため、フロス等の補助的な道具の提案を一緒にしています。

 

 

2017080302.jpg

 

 

 濃厚なカスタードの味と、パリパリしたカラメルの食感がやみつきになる「カタラーナ」

岐阜駅近くの「ルベッタ」でのランチデザートです。

スペインの北にあるカタルーニャ地方で生まれたお菓子で

正式な名前を「クレマ・カタラーナ」と言うそうです。

キャラメルが歯にくっつきやすいので、食べたあとはもちろん口のケアを念入りにします。


続きを読む

ブランディング・ノート

明るい未来をしめす道標

2017/08/05

ハートで繋がる ③

こんにちは。クリニカル・コーディネーターの市田です。

 

前回の続きです。

日本語がほとんど話せない台湾人の店員さんになんとか伝わるよう、

オーバージェスチャーで小籠包を注文すると、店員さんもOKサイン♪ 

にっこり笑って私の注文通りの小籠包を運んでくれて、ホッとひと安心。(笑)

teethmineに通っていただいている患者さまにも、

日本で暮らしている外国人の方がたくさんいらっしゃいます。

慣れない文化の中で生活をして、

その上矯正治療や歯のメインテナンスに通うということは、

とても不安なことがたくさんあると思います。

伝えようという気持ちが私たちにあれば、

色々な方法で伝えることができることが分かったので

身振り手振りをまじえて上手に伝えていきたいと思います。

 

 

2017080523.JPG201708051.JPG

 

 

小籠包は、少し噛んだ瞬間、“これでもかっ”という程の

たっぷり熱々の肉汁が・・・

もう、たまらなかったです♪


続きを読む

カテゴリ

月別一覧

検索


teeth mine 京都クリニック
京都市北区小山下初音町45
TEL:075-491-9990
FAX:075-491-9991

京都の閑静な住宅地の中にたたずむモダンな外観のクリニックです。クリニックの門をくぐると、どこからか心地よい音楽が流れてきます。石だたみのスロープを進むと、明るい待合室が皆さまをお迎え致します。

teeth mine 京都クリニックホームページへ
teeth mine 岐阜クリニック
岐阜市長住町2-4 大橋ビル3F
TEL:058-266-9001
FAX:058-266-9002

さわやかな笑顔を獲得したい人、そして、子ども達の将来をお考えのお母さまに、新しい歯科治療の流れをご提案します。

teeth mine 岐阜クリニックホームページへ