ブランディング・ノート

明るい未来をしめす道標

2018/02/14

teethmineで目指せ!グッド・ブレス!④

こんにちは。クリニカル・コーディネーターの市田です。

前回に引き続き、teethmineスタッフの“プラスワン・ケア”をご紹介♪

4人目の紹介となるのは、私クリニカル・コーディネーター市田実咲です。

 

 

20180210.jpeg 

 

 

私の“プラスワン・ケア”は『プラウトピセラ(仕上げ磨き用歯ブラシ』です。

私は極度の面倒くさがり屋で、

新しいことを取り入れても、すぐにやめてしまいがちですが、

teethmineのスタッフになってからは、

患者さまに歯科商品をオススメする立場として、使わないわけにはいかず・・・

何か簡単に効率よく続けることが出来る方法はないかと探した結果、

今の“プラスワン・ケア”にたどり着きました。

普通の歯ブラシを『ピセラ』に変えることで、

形の構造上奥歯の奥まで磨くことが出来るようになり、

さらに毎日行う歯みがきの時に先に『プラウト』を使うことで、

意外と歯ブラシの2本使いが習慣になりました。

すでに習慣になっていることを行う前に、新しいことを入れ込むことで

それが新しい習慣として定着するというteethmineで皆さまにご案内しているやり方です。

面倒くさがりの方にもオススメの方法です(^^)

 

20180210


続きを読む

teethmineの目指すもの

歯科衛生士が綴る社会派ブログ

2018/02/11

全国小学生歯みがき大会

こんにちは。

京都クリニック歯科衛生士の橋本です。

 

今回は、『全国小学生歯みがき大会』について、ご紹介しようと思います。

 

  

20180209.jpg

 

 

全国小学生歯みがき大会は、小学生に歯と口の健康に対する“気付き”を与え、

健康意識を伝える事を目的に、毎年“歯と口の健康習慣”に合わせて開催しています。

                 (一般社団法人 日本学校歯科医会 HPより)

 

平成30年6月1日(金)〜6月10日(日)に開催されるこの大会は、

小学4・5・6年生いずれか一学年の参加で、

・約40分のDVDで参加

・クイズや実習を通して、歯ぐき・歯みがき方法を学べる

・大会期間前後に使える学習教材が用意されているので、

 事前学習や振り返り学習に活用できる 

という特徴があります。

これまではインターネット配信でしたが、

前回よりDVD教材を視聴する方式へ変更になりました。

これによって、実施日時の設定が学校ごとで自由にでき、

より多くの小学生が参加できるというメリットがあると考えられます。

 

ごのブログをご覧いただいている小学4・5・6年生のみんなも、

小学校の先生や養護教諭の方にも、児童の自発的な歯みがきを促すキッカケに、

より多くの方が参加していただけると良いと思います。

 

   

201802092.JPG

 

 

注文したカフェラテには、クマのラテアートが。

クマの可愛さや、何気ないお店の心遣いに心がとてもほっこりとした、

寒い休日の午後でした・・・

 

20180209


続きを読む

grow up days

クリニカル・コーディネーターとしての成長日記

2018/02/11

〜 はじめての② 〜

こんにちは。クリニカル・コーディネーターの勝村です。

前回に続き、自身の結婚式までの出来事についてお話します。

担当プランナーさんとの打ち合わせを重ねていくうちに

「ひょっとしたら、このままどんどん色々なことが決まってしまい、お招きする側のマナーや

しきたりについては何も伝えられずに進んでしまうかも」と心配になりました。

思い切って担当プランナーさんへたずねてみると、

そこで初めて担当プランナーさんに一般的なことを教えられました。

はじめの打ち合わせからこの時私たち二人の

「担当プランナーさんが教えてくれるはず」と

担当プランナーさんの「こんなことは知っているはず」というお互いの思い込みのズレが

あったと気づきました。始めは小さなズレであっても時間がたつことで

大きくなってしまったと、とても後悔しました。

 

これは、きっと私とクリニックに通う患者さまの間でも十分に起こりうることです。

 

次に続きます。

 

20180206.jpg 

 

SNSなどを見て参考に作ったアイテムの数々です。

 

 

2018.2.6


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/02/10

スポーツと矯正治療

こんにちは。

京都クリニック デンタルアシスタントの伊藤です。

 

今日は1991年9月21日の新聞記事から、

「スポーツ選手の記録 歯並びの影響大」という記事についてお伝えします。

 

 

 20180207.jpg

 

 

記事によると、

 ①1988年のソウルオリンピックの頃から、代表選手に対して歯の健診が始まった。

 ②プロ野球の世界では、歯ならびの悪さが成績不振を招いたり、引退の一つの要因に

  なることもある。

 ③長時間の過激な練習に際しては、歯牙・歯周組織・アゴの関節に対して保護や緩衝する

  役割があるスポーツガードの必要性が認識されてきた。

 

オリンピックの選手に歯科定期健診が行われるようになった背景には、歯科トラブルにより

ベストパフォーマンスができなかったという選手が、一定数いたことによります。

現在ではさまざまな調査や研究から、かみ合わせが約70%の種目でパフォーマンスに

関わってくると考えられており、その関連性が科学的にも分かってきています。

また、スポーツで前歯を失う学生が多いことから、学童期から保育活動における外傷予防の

重要性と、ケガの予防や程度の軽減から「スポーツガード」の装着を呼びかけています。

(参考HP:「スポーツ歯科とは?2020年五輪に向け重要性が高まる歯科医の活躍」)

 

teethmineでも、「マウスピース・スポーツガード」をオーダーメイドでお作りすることが

できます。もちろんブラケット装置がついている方にも、ご提供させていただいています。

ぜひ歯ならびや歯科トラブルを改善することで、めいっぱいスポーツを楽しんでいただけたら

と思います。

 

 

 2018020702.jpg

 

 

先日妹から、手作りのお菓子が届きました。

見た目も味もお店のものに引け劣らないレベルで、バレンタインの毎年楽しみでも

あります。今年はとくにスライムが可愛らしく、クオリティーの高さにビックリしました!

 

20180207


続きを読む

歯科衛生士物語

働く歯科衛生士への道

2018/02/09

セミナーに参加しました

こんにちは☆歯科衛生士の濱本です。

teethmineでは、外部講師の方を招いて定期的にセミナーを行っています。

先日は『働き方を見直してライフもワークも充実させるタイムマネジメント研修』セミナーが

開催されました。

講師は、子育てしながらバリバリ働き

現在はワークライフバランスの推進に力を入れているコンサルタントの伊藤先生。

 

お話を聞いて感じたことを、2回にわけてご紹介しようと思います★

今日は”ほめる”ことの重要性についてです。

『すごいね』などの主観的な”賞賛”のほめ方よりも

『◯◯にチャレンジしているんだね』というような客観的に”承認”すること

人の自主性、自発性を導き出すとのことです。

この『”承認”するほめ方』は仕事だけなく友人や夫婦、子どもとの関わりの中でも

生かせることだと感じました。

 

やっぱりほめられることはいくつになっても嬉しいですし

更にそれが”承認”されるとなると

自分のことを見ていてくれたんだ、次もがんばろうと素直に思えます。

私もまわりの人の良いところはどんどん本人に伝えて

それが伝染していくと良い関係が作られていくと思いました。

次に続きます♪ 

 

 

E381AAE381A7E381AAE381A7E38195E3828CE3828BE5A5B3E381AEE5AD90E382A4E383A9E382B9E38388-min.png

 

20180205

 


続きを読む

ブランディング・ノート

明るい未来をしめす道標

2018/02/03

teethmineで目指せ!グッド・ブレス!③

こんにちは。クリニカル・コーディネーターの市田です。

前回に引き続き、teethmineスタッフの“プラスワン・ケア”をご紹介♪

今回は3人目、歯科衛生士の川尻麻衣です。

 

 

20180203.jpeg 

 

 

川尻は、学生アルバイトからteethmineで長く働き続けるベテラン歯科衛生士です(^^)

そんな川尻の“プラスワン・ケア”は

起床してすぐマウスウォッシュ寝る直前にフッ素入り洗口液』です。

小さい頃は歯みがきが下手で、よくむし歯になっていた川尻は、

歯科衛生士になるため専門学校へ通い、

授業や実習で色々な口の状態に合ったケアグッズをたくさん知り、

その中から自分に合ったケア方法を見つけたそうです。

起床してすぐは口臭が気になるため、マウスウォッシュで口臭予防、

夜寝ている間はむし歯になりやすいため、寝る直前にフッ素洗l口しています。

“きちんとケアしないと、むし歯になる“と危機感を持って毎日欠かさず行い、

今では習慣になっているそうです。

自分の口は必ず自分で守る』というプロ意識が伝わってきました♬


続きを読む

BOY★BOY

働くママのハッピーライフ

2018/02/02

今年の恵方は、西南西◎ 2015 写真

 こんにちは。 岐阜クリニック院長のきしもとです。

 

 今年も節分には、恵方巻きを作りました。

巻いているいるうちに、ドンドン楽しくなり、結局11本も作ってしまいました。

巻き寿司は、本当に楽しい・・・

今年も皆が健康で仲良く過ごせますように。


続きを読む

teethmineの目指すもの

歯科衛生士が綴る社会派ブログ

2018/02/02

包括ケアシステム

こんにちは。

京都クリニック歯科衛生士の橋本です。

今回は、 厚生労働省内で開催された、歯科医師の資質向上などに関する検討会での、

協議に関する記事についてご紹介します。

 

 

20180202.jpg

 

 

 議論では、“地域包括ケアシステムに歯科医療機関が積極的に参画し、

その役割を十分に果たすことができるよう、歯科医療機関とその他関係機関との

調整を行う人材が必要である”と追記された 

とのことです。                   (日歯広報 第1695号より)

 

“地域包括ケアシステム”とは、

団塊の世代が75歳以上となる2025年をめどに、重度な要介護状態となっても、

住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができるよう、

住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供できるような仕組みの事を指します。

 

日本歯科医師会は、

この調整を行う人材は、地域の実情に合わせて様々な職種が担う場合がある、

という案を支持しています。

 

teethmineでも、歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・クリニカルコーディネーターと、

様々な職種のスタッフがそれぞれに専門分野を担いながら、

各々が“口の中を通して皆さまの健康に貢献する”という同じ目標を持って,

日々取り組んでいます。

私は、皆さまが75歳以上になっても、自分らしく元気に暮らしていけるために、

スタッフと連携して、その方に合わせたより良い声かけ・おもてなしを行い、

“teethmine包括ケアシステム”がうまくいくように心がけていきます。

 

 

201802023.JPG

 

 

以前にもご紹介させていただいた、イタリアンレストラン“La casa”で、

どうしても食べたかった『カラスミのパスタ』。

シンプルな味付けでカラスミの美味しさが際立ち、

寒い季節の楽しみを味わえたので、たまらなく幸せになりました・・・。


続きを読む

teeth mine への道

2018/01/31

春の診療日のご案内

〜京都クリニック院長 岸本正雄より皆さまへのメッセージ〜


「春から始める!」

北山が白く見えることが多かった今年の冬。

あと少しで春がやってきます。

卒業式、退官、退任、終了の時期から、

桜とともに、入学、入社、出会い、いろんな始まりの季節となります。


今年も新しくステキなことに、いっぱい出会えますように。

 

 

 スクリーンショット 2018-02-02 12.37.01.png 

                             黄   :診療日

                                :特別診療日

                             グレー :電話のみの受付

 

         ※カレンダーのグレー日は、電話のみの受付となり、

     京都クリニックへかけていただいた電話は、岐阜クリニックへ転送されます。

     また、岐阜クリニック058(266)9001から、連絡をさせていただく

     こともありますので、その際には電話をお取りいただきますようお願い致します。

     お手数ですが、あらかじめ岐阜クリニックの電話番号を携帯電話へ登録いただきます

     ようお願い致します。 

 

 

 

 

スクリーンショット 2018-02-02 12.32.06.png 

                             黄   :診療日

                                :特別診療日

                             グレー :電話のみの受付

 

    ※岐阜クリニックでは、顎変形症・唇顎口蓋裂の専門診療にあたっております。

     専門診療のため診療日が限られ、希望の日時での約束がお取りづらく、ご迷惑を

     おかけしますが、ご理解とご協力をお願い致します。

     スケジュールをあらかじめ調整の上、電話にてご希望の日時をお伝え下さいますよう

     お願い致します。


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/01/31

食べ方、早くなっていませんか?

こんにちは。

京都クリニック デンタルアシスタントの伊藤です。

今日は、1990年11月25日の新聞記事から、

「かみしめてほしい かむことの大切さ」という記事についてお伝えします。

 

 

 20180131.jpg

 

 

記事は離乳が終わっている子どもで、

「硬いものがかめない」「かんでも上手く飲み込めない」「よくかまずに丸飲みする」

という子が一定数いることや、よくかまない早食いが健全な発育や健康を妨げたり、

食べすぎや肥満につながることを伝えています。

 

平成21年国民健康栄養調査結果では、食べる速さを体型別にみると

肥満の人は速いと回答した人が多く、早食いの習慣がある人ほど肥満度が高い

という研究報告があります。

早食いでは、脳が満腹を感じるまでに食べすぎてしまうことが考えられています。 

                      (参考HP:農林水産省 みんなの食育)

厚生労働省の検討会でも、一口30回噛む習慣を奨める「噛ミング30(カミングサンマル)」

運動を提唱して、早食いの是正を呼びかけています。

                   (参考HP:厚生労働省 早食いと肥満の関係)

 

記事は10年以上前のものですが、よく噛むことが肥満を防ぐ、ということは明らかだと

いえます。噛む回数を意識して食材や料理を選ぶこと、ゆっくりと食事を楽しむことが

現代人には必要といえそうです。

私は一口が大きい方なので、30回以上かむようにしています。

(数えてみたら40回ほどでした)

みなさまも一度、口に入れてから何回くらいでかんでいるか数えてみて下さいね。

けっこう30回かむのも大変ですよ。

 

 

 2018013102.jpg

 

 

もうすぐ節分の季節ですね。スーパーやコンビニなどで節分にちなんだ商品が並ぶと、

見た目にも楽しく、ついつい手にとってしまいます。

2018年の恵方は「南南東」だそうですよ。

節分に欠かせない豆や恵方巻きも、一口30回よくかんで味わいながら、今年一年の健康と

幸せを祈願したいと思います。


続きを読む

カテゴリ

月別一覧

検索


teeth mine 京都クリニック
京都市北区小山下初音町45
TEL:075-491-9990
FAX:075-491-9991

京都の閑静な住宅地の中にたたずむモダンな外観のクリニックです。クリニックの門をくぐると、どこからか心地よい音楽が流れてきます。石だたみのスロープを進むと、明るい待合室が皆さまをお迎え致します。

teeth mine 京都クリニックホームページへ
teeth mine 岐阜クリニック
岐阜市長住町2-4 大橋ビル3F
TEL:058-266-9001
FAX:058-266-9002

さわやかな笑顔を獲得したい人、そして、子ども達の将来をお考えのお母さまに、新しい歯科治療の流れをご提案します。

teeth mine 岐阜クリニックホームページへ