デンタル・ケア・タイム(2)

2018/09/19

電動歯ブラシについて

こんにちは。

京都クリニック クリニカル・コーディネーターの伊藤です。

今日は1991年8月の新聞記事から、「人気の出てきた電動歯ブラシ」という

記事についてお伝えしたいと思います。

 

 

 20180919.jpg

 

 

記事は電動歯ブラシの売り上げの好調ぶりを伝えています。

” 話題になってきたのは昨年から ” という内容を見ると、日本では90年代頃から

一般に普及してきたことが伺えます。

メーカーのHPに、当時発売していた電動歯ブラシが紹介されていました。

こちらの企業では、

 

 ・開発初期 :「フラット形状ブラシ」・・・毛先が揃ったシンプルなブラシ。ヘッドも大きめ。

 ・1995年〜:「山切りブラシ」   ・・・山切りの毛と中高の毛を組み合わせた立体型。

                      ヘッドもコンパクトに。

 ・2008年〜:「ダブルエッジブラシ」・・・みがき残しの多い部分を落とせる、歯にフィット

                      した形状へ。

 ・2016年〜:「密集極細毛ブラシ」  ・・・歯周病で歯を失う人が多いことから、歯周ポケット

                     ケアができるブラシへ。

 

その時代時代で求められていたブラシを採用し、モーターや動き、充電機能などを

進化させていったことが分かりました。

私は手みがき派ですが、時間のない朝や手みがきが面倒な時などに便利そうです。

ただゴシゴシこすったり、強い力をかけすぎると歯や矯正装置などを傷つけたり、

歯ぐきを痛める危険があるので、やさしくあてるようにして下さいね。

 

 

 2018091902.jpg

 

 

あんなに暑かった夏も終わりを告げるように、夜になると外から鈴虫の

音色が聞こえてきます。

秋の訪れを感じます。


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/09/12

矯正治療の痛さについて②

こんにちは。

京都クリニック クリニカル・コーディネーターの伊藤です。

今日は前回に引き続き「徐々に慣れてゆく矯正装置」について

お伝えしたいと思います。

 

矯正治療は医療技術の進歩や、矯正装置の改良・開発により、

日々使用する装置や治療方法も増えています。

それぞれの装置や治療法にはメリット・デメリットがあり、

痛みのでた時の対処法や、そのリスクを知っておくことも大切です。

 

teethmineのHPにある ”技工士ワンポイントアドバイス” では、

クリニックで使用している装置についてそれぞれ紹介しており、装置の取り扱いの注意点

についてもお知らせしています。ぜひご参考下さい。

(拡大ネジの回し方、セパレーションゴム、ブラケット装置についてはこちら→

 

矯正治療に使用する装置は色々ありますが、お口の状態やライフスタイルに合わせて

その方、その時期に合った最適な装置のご提案が先生よりあります。

先生を信頼して、治療中の痛さも乗り切って下さいね。

私たちクリニカル・コーディネーターも、みなさまの装置に対する不安を解消できるように

初めにしっかりとお話をさせていただきたいと思います。

 

 

20180912.jpg

 

 

うだるような暑さも一段落してきました。

今度のお休みには久しぶりに、鴨川沿いをサイクリングに行こうかなと思います。


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/09/05

矯正装置の痛さについて①

こんにちは。

京都クリニック クリニカル・コーディネーターの伊藤です。

今日は1990年台の新聞記事(コラム?)から、

「徐々に慣れてゆく矯正装置」についてお伝えしたいと思います。

 

 

20180905.jpg

 

 

記事は福沢諭吉が歯科医師、小幡英之助に送った 「(福沢夫人の)”施術中止”のお願い」

の手紙を、解説を交えて紹介しています。

手紙の消印から、およそ明治20年頃のやりとりと推測されていますが、その内容から

当時は局所麻酔をせずに歯の治療をしていたのでは、とのこと。

麻酔のない時代の歯科治療・・・治療の痛みも相当なものだったに違いありません。

「歯の痛み」と「治療の痛さ」、福沢夫人は歯の痛みを選んだということですね。

 

さてそこで矯正治療はというと・・・

私がteethmineに勤めてから今まで現在、治療の「痛み」が気になって矯正治療を

中断された方は一人もおられません。

技術の進歩で少しずつ「治療の痛さ」は軽減されるようになってきています。

痛さが心配で矯正治療を躊躇している方は、ぜひ治療の一歩を踏み出してほしいと

思います。

 

次回のブログでは、装置別の対処法をご紹介します。

 

 

 2018090202.jpg

 

 

ライトアップされている京都タワーをたまたま見る機会があり、とてもキレイだったので

思わず写真におさめてしまいました。

この日はイベント(ディスコの日)に合わせた ”ショッキングピンク” 色。

キャンペーンや企画、時期によってタワーの色が変わるそうですね。

他にも20色近く色々な色が点灯されているようですが、

” ティール&ホワイト ”(子宮頸がん啓発)

” ピンク&オレンジ ” (京都府少子化対策府民会議設立キャンペーン)

” レッド&グリーン ” (クリスマス)

など、2色カラーが特に見てみたいと思いました。

2018005


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/08/29

色々な教室

こんにちは。

京都クリニック クリニカル・コーディネーターの伊藤です。

今日は1990年代の新聞記事から、「妊娠中からできること」について考えてみたいと

思います。


  

20180829.jpg

 

 

記事は一歳十ヶ月のお子さんをもつ、お家の方からの質問を紹介したものです。

内容は「母親教室」で指摘のあった牛乳の飲ませ方、というものでしたが、

この記事を目にした時、その聞き慣れない「母親教室」というものに興味をもったので、

調べてみることにしました。

 

「母親教室」とは、プログラムや主催者によって内容は異なりますが、

一般的には 妊娠中の過ごし方や産後のこと、赤ちゃんのお世話の仕方など基本的な

知識や情報を得ることができる場です。

他にも、

 ・「母親学級/プレママ教室/マタニティ教室」・・・母親教室と同じようなプログラム

 ・「両親学級」・・・両親で参加できるプログラム(参加しやすい平日の夜間や休日開催も)

 ・「プレパパ教室」・・・父親になる男性向けのプログラム

など、色々な教室が開催されていることも分かりました。

不安を解消するだけでなく、ママ友を作るチャンスにもなるようです。

 

teethmineでも、妊娠中のママ向けの「エンジェルコース・マタニティレッスン」があります。

このコースのオススメのポイントは、お一人分の処置料で二人分のケアを受けることができる

お得さです。(※ママとベビーちゃんのペアコースとなります)

お手入れが難しい妊娠中や産後は、お口がスッキリきれいになり、リラックスできると

ご好評をいただいております。

 

 

2018082902.jpg

 

 

九州旅行に行った先輩スタッフからのお土産、長崎名物の「カステラ」です。

小さな箱に3切れ入ったそのカステラは、見た目も可愛らしく味もバツグン。

しっとり食感で、お茶と良く合います。

味わって食べるつもりが、あっと言う間に食べきってしまいました。


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/08/22

かめない・かまない子が増えています

こんにちは。

京都クリニック クリニカル・コーディネーターの伊藤です。

今日は1990年代の新聞記事から「かめない・かまない子が増えている現状」について

お伝えしたいと思います。

 

 

 20180822.jpg

 

 

記事は名古屋市内の保育園で、かめない子やかまない子を三年間で改善させた

取り組み(一口で食べる適量の指導、離乳食のやり直し等)を伝えています。

最近の調査によると、0歳〜2歳児の保護者の離乳食についての困り事は、

 ①「作ることが負担、大変」(33.5%)

 ②「もぐもぐ、かみかみが少ない(丸のみしている)」(28.9%)

 ③「食べる量が少ない」

となっており、現在でも約75%の保護者が離乳食や子ども(乳幼児)の食べ方の悩みを

抱えているといいます。

                   (参考:平成27年度乳幼児栄養調査結果の概要)

 

こうした状況の背景には、食べ物の変化だけでなく

 ・   口腔機能の問題

 ・   歯の萌出状況の問題

 ・   心理的な問題

 ・   食環境の問題

  【例:急かされるなど、早く食べないといけないような状況にある/食べたくないのに

     無理に食べさせられる(食事の強要)/他の兄弟と取り合いになる等】

などを考える必要があるといいます。

お近くの歯科医院にご相談になるか、お住まいの各市町村の健康増進担当課や

保健センターに相談されることも一つの手です。

顎や歯列の正常な発育・安定にも関わってくることなので、小さいうちから改善させることが

大切であり、こうしたブログを通して、みなさまにもお伝えしていこうと思います。

 

 

2018082202.jpg

 

 

お盆に新潟へ帰省した際に、近くの水族館へ出かけました。

今年の6月にリニューアルした水族館は、12時間待ちは当たり前という盛況ぶりで、

とても賑わっていました。今回楽しみにしていたのは、リニューアル前にはいなかった

こちらの「白イルカ」。

表情がなんともいえず可愛らしく、癒やされるひとときを過ごしました。


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/08/15

歯みがき剤も色々

こんにちは。

京都クリニック クリニカル・コーディネーターの伊藤です。

今日は1991年の新聞記事から、

「歯磨き剤、新製品次々と」という記事についてお伝えしたいと思います。

 

20180815.jpg

 

 

記事は歯の健康への関心の高まりから、多様な種類の歯みがき剤が登場してきたことを

取り上げ、選び方や使い方について伝えています。

この頃人気を集めていたのは、“食塩入りの歯みがき粉”で、私も当時家族で使っていたことを

覚えています。

むし歯予防に効果的なフッ化物配合歯みがきは、市場のシェアが1990年には36%、

2002年では84%へと上昇したというデータから、当時に比べてフッ素の認知度があがり、

広く普及してきたことが伺えます。

                 (市販歯磨剤についての実態調査 2002 参考)

 

teethmineでご用意している歯みがきペーストは、3種類です。

 ①コンクール ジェルコートF¥810

 (※フッ素コートだけでなく、歯みがき剤としてもお使い頂けます)

 ②アパガードリナメル¥2,376

 ③お子さま用アパガードリナメル “ピカキッズ(¥961

 

実は②と③にはフッ素は配合されていないのですが、どちらにも配合されているナノ粒子

「薬用ハイドロキシアパタイト」は、歯に直接働きかけ、再石灰化をしてくれるフッ素と

同様の薬用成分であり、むし歯予防に十分な効果があります。

歯みがき剤選びに迷われている方は、一度お使いになってみてはいかがでしょうか?

毎日のブラッシングの効果を高めてくれること間違いなしです。

 

 

2018081502.jpg 

 

 

実家で飼っている犬のおやつ選びに、先日ペットショップへ訪れました。

昔はあまり意識していませんでしたが、犬用の“歯みがきガム”の多さにビックリしました。

歯みがきの重要性は犬も人間も同じ!という意識の高まりでしょうか。

今回のお盆は私も“歯みがきガム”をお土産に、帰省することにします。

愛犬の反応が楽しみです。


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/08/08

抜歯が必要なことも・・・

こんにちは。

京都クリニック クリニカル・コーディネーターの伊藤です。

今日は1990年代の新聞記事から「矯正治療と抜歯」について考えてみたいと思います。

 

 

 20180808.jpg

 

 

記事は歯科界の新たな風潮として「抜く」「削る」から、歯を守るための歯科の考え方、

技術が進展していることを伝えています。

30年近く経った現代でもこの考え方は大事にされていますが、矯正治療においても

よくみなさまから「抜歯をした方がいいと言われたのですが・・・」「抜歯をしますか?」

といったご質問を頂くことがあります。

仕上がりの違いや後戻りを考えて、専門的な見解に基づいた判断となりますので

抜いた方が良い場合があります。

精密検査診断時には、矯正治療を進める上で永久歯を抜歯をする選択が余儀なくされる

こともあります。その方に適した治療法をご相談の上進めてゆきますので、

何なりとお尋ね下さい。

 

矯正治療で歯を抜く抜かないについては、

 ①日本臨床矯正歯科医会HP「抜歯・非抜歯」

 ②きしもと矯正歯科クリニックHP「Q&A」抜歯に対する質問

などをご参考頂き、初診カウンセリングでも抜歯についての不安をお持ちでしたら、

遠慮なくご相談下さい。

 

 

2018080802.jpg 

 

 

みなさまの好きなアイスは何でしょうか?

私は夏になると果汁感のあるものや、シャーベット状になっているタイプのアイスを

よく食べます。今一番のお気に入りは期間限定の「アイスの実」(濃いキウイ)です。

後味スッキリで、甘酸っぱさがやみつきになります。


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/08/01

人生100年時代へ

こんにちは。

京都クリニック クリニカル・コーディネーターの伊藤です。

今日は1990年代の新聞記事から「人生100年時代における歯の健康」について

考えてみたいと思います。

 

 

20180725.jpg 

 

 

記事は「人生80年時代に20本の歯は必須の条件」として、「8020」運動について

紹介しています。現在も平均寿命は確実に伸び続けており、2017年の時点で主な先進国では

半数以上が100歳よりも長生きするという予想がでています。

いよいよ「80歳寿命が前提の人生ステージ」を見直さなければならない時代へ突入しました。

そしてこの「人生100年時代」において重要度が増すものとして、「教育」「多様な生き方」

「無形資産」などが挙げられています。            (参考HP:日本の人事部)

 

100年生きる時代ともなれば、健康寿命の延伸の役割を担う「歯」が必要不可欠となります。

teethmineが大切にしていることは、「悪くなってから・・・」ではなく、「悪くなる前に」

ケアをしていくことです。

「痛くなった時だけ歯医者へ行く」という考え方は、変わってきています。

毎日の診療の中で、このことをみなさまにお伝えしつづけることが100年の人生を

健やかに過ごしていただくことにつながれば、とても嬉しいです。

 

 

2018080102.jpg

 

 

最近は出かける時に、My水筒と塩飴を持ち歩き、自宅から10分以上歩く時には

マメに水分を補給するようにしています。

毎日暑い日が続きますが、みなさま熱中症にはくれぐれもお気をつけ下さい。


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/07/25

保険診療について②

こんにちは。

京都クリニック クリニカル・コーディネーターの伊藤です。

今日は前回に引き続き、「健康保険が適用される矯正治療」についてお伝えしたいと

思います。

 

自立支援医療制度は、

「心身の障害を除去、軽減するための医療について、医療費の自己負担顎を軽減する

公費負担制度」です。         (参考HP:厚生労働省HP 自立支援医療)

このような制度をご利用頂くには条件がありますが、

ご希望の方はお申し出下さい。(当院で作成した意見書が必要です)

申請が通れば矯正治療に育成医療(更生医療)を適用することができ、負担額を軽減

することができます。

なお、自己負担の上限や制度の詳細は、お住まいの区市町村の保健所にお問い合わせ頂くと

良いかと思います。

18歳以上は更生医療、18歳以下は育成医療となります)

 

矯正の保険診療に関しては、多くの条件や基準を満たす必要があります。

teethmineではその環境を整えており、よりよい治療を提供するための設備、人員、技術を

備えています。治療の流れにつきましては、一度お口の中を拝見して、初診カウンセリング

でお話をさせて頂きますので、まずは一度ご相談下さい。

 

 

20180725 2.jpg

 

 

みなさま、東山魁夷さんはご存知でしょうか?

戦後を代表する日本画家で、「青の画家」とも呼ばれる東山さんの代表作が

来月30年ぶりに京都にやってくるそうです。

20代の頃訪れた長野県の信濃美術館で、初めて目にした時から大ファンになり

今回京都で開催されることが嬉しくて仕方ありません。

今からとても楽しみです。


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/07/18

保険診療について①

こんにちは。

京都クリニック クリニカル・コーディネーターの伊藤です。

今日は「健康保険が適用される矯正治療」についてお伝えしたいと思います。

 

 

 20180718.jpg

 

 

矯正治療について紹介している1990年代の記事の中に、「育成指定医療機関」について

紹介した一文があります・

矯正治療は「自由診療(自費治療)」に該当するため、治療費の金額が自己負担になりますが、

特定の症状に限り、健康保険が適用されます。

適用の有無や詳しい条件については、日本矯正歯科学会HPの

矯正歯科治療が保険診療の適用になる場合とは” をご参考頂き、クリニックに

直接お問い合わせ下さい。

またお電話頂く際には「紹介状の有無」や「現在受診中の病院」などについても

お聞かせいただければ、カウンセリングのお時間をとることもスムーズになります。

 

teethmineは厚生労働省の定める「自立支援医療機関(育成医療・更生医療)」ならびに、

「顎口腔機能診断施設(※岐阜クリニック)」の指定医療機関です。

この自立支援指定医療機関に申請するには厳しい審査があり、 

京都市の矯正治療を行っている歯科医院では22件、岐阜市では6件ほどです。

(参考HP:日本矯正歯科学会HP

  ”保険が適用される矯正歯科治療を行うことができる医療機関リスト(2018年5月現在)”

 

 

 2018071802.jpg

 

 

毎年色々な場所で開催される手作り市。

今回は下鴨神社糺の森の「森の手づくり市」に行ってきました。

糺の森では森の中に組まれたステージで、アーティストによる音楽イベントも楽しむことが

できます。どの作品もクオリティが高く、見て回るだけでも楽しいイベントです。

例えばこちらのバースデーカード。細部までとても緻密に作られています。

こんなステキなカードを贈ったら、喜ばれること間違いなしですね。 


続きを読む

カテゴリ

月別一覧

検索


teeth mine 京都クリニック
京都市北区小山下初音町45
TEL:075-491-9990
FAX:075-491-9991

京都の閑静な住宅地の中にたたずむモダンな外観のクリニックです。クリニックの門をくぐると、どこからか心地よい音楽が流れてきます。石だたみのスロープを進むと、明るい待合室が皆さまをお迎え致します。

teeth mine 京都クリニックホームページへ
teeth mine 岐阜クリニック
岐阜市長住町2-4 大橋ビル3F
TEL:058-266-9001
FAX:058-266-9002

さわやかな笑顔を獲得したい人、そして、子ども達の将来をお考えのお母さまに、新しい歯科治療の流れをご提案します。

teeth mine 岐阜クリニックホームページへ