デンタル・ケア・タイム(2)

2018/11/07

秋はお茶の美味しい季節です

こんにちは。

京都クリニック クリニカル・コーディネーターの伊藤です。

今日は1990年代の新聞記事から、

「飲み物による着色」について考えてみたいと思います。

 

 

20181107.jpg 

 

 

以前同じ記事から「ウーロン茶の効用」についてお伝えしましたが、

今回は「飲み物で着色した歯の黄ばみをキレイにする方法」をお伝えします。

 

着色しやすい飲み物の上位に挙がる「コーヒー」「紅茶」「緑茶」「ウーロン茶」は、

その成分に含まれる ”タンニン” や ”カテキン” などが歯に付着して、黄ばみの原因に

なることはよく知られています。

私も好んでコーヒーやお茶を飲んでいますが、気をつけていても歯の着色汚れを

防ぐことはなかなか難しいものです。

 

そこでオススメしたいのは、こうしてついた着色汚れをキレイに落とすことができる

歯科医院での歯のクリーニングです。

teethmineでは、専用の特別な機械「エアフロー」を使っています。

歯の表面の着色や手みがきではとりきれない汚れはこの機械を使って落としていき、

歯本来の自然な色に近づけます。汚れもなくなり、お口の中も爽快です。

この歯のクリーニングを受けた方は、クリーニング後のお口の変化に驚かれています。

 

また3ヶ月に一度、クリーニングを受けられる「トリートメント・ケアコース

もご用意しておりますので、お口への関心の高い方はぜひご登録頂き、

歯の白さやお口の清潔さを保っていただきたいと思います。

 

 

2018110703.jpg 

 

 

タイトルにもありますが、秋のお茶には春のお茶にはない ”まろやかさ” が加わり、

飲み比べてみると、味の違いが分かるそうです。

※今年最後の新茶を摘んだ「秋摘み茶」や、春の新茶を熟成させて仕上げた「蔵出し茶」

など、秋のお茶にも色々あります。

私も今度「蔵出し茶」を買って、夏に叔父からもらった新茶と飲み比べてみようと

思います。

肌寒い日が続きますが、みなさまも温かいお茶でホッと一息ついて下さいね。

 


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/10/31

自臭症

こんにちは。

京都クリニック クリニカルコーディネーターの伊藤です。

今日は1992年の新聞記事から、

「現代人の病事情」という記事についてご紹介します。

 

  

20181031.jpg

 

 

記事では、「自臭症」(医学的に問題がないにも関わらず、自分の口臭や体臭に

異常なまでのとらわれを示して、周りの人に迷惑をかけていると思い込む病気)

について紹介してます。

 

この病の背景には、人からの指摘や性格的なものに加えて、人間関係の変化や

匂いをケアする商品の普及などが挙げられています。

生活に著しい支障がでることもあり、専門の歯科医院の受診や、精神的な心のケア、

周りの方の支えや理解が求められます。

 

現代では男女ともに香りや匂いに敏感で、暮らしの中でも「香り」を売りにした商品を

数多く見かけるようになりました。

柔軟剤一つを例にしても、その香りの種類の多さに驚くばかりですが、

香りは癒やしや安らぎを与える一方で、悩みのタネにもなる厄介なものですね。

 

 

 

2018103102.jpg

 

 

前回のブログで植物園の金木犀をご紹介しましたが、今回はこちらの花。

「ブルグマンシア」という花で、「エンジェルス・トランペット」という呼び方で

お馴染みの花です。

たまたま夜間開園時に訪れた時に撮ったものですが、夜に咲いている姿を見るのは

初めてで、良い香りがしました。

かわいらしい名前の花ですが、毒もあるという・・・ちょっと怖いお花です。

 


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/10/24

矯正治療は進化しています。

こんにちは。

京都クリニック クリニカルコーディネーターの伊藤です。

今日は1991年の新聞記事から、

「形を記憶する合金」が、歯根や矯正のワイヤーに使われていることを紹介した

記事についてお伝えしたいと思います。

 

 

20181024.jpg 

 

  

「形状記憶」というその特性を生かして生み出されているものが沢山ありますが、

矯正治療で使うアーチワイヤーも含まれていることをご存知でしょうか?

矯正歯科治療は歯につけたブラケット装置を介し、ワイヤーの弾力を利用して

歯を動かしていくことが一般的です。

 

当時主流だったこのワイヤー矯正治療も、今や取り外しのできる目立たない

マウスピース矯正(インビザライン)へとシフトしつつあります。

進化してきたワイヤーを使った矯正治療ですが、このマウスピース矯正が主流になる日も

そう遠くはないようです。

 

 

 

2018102402.jpg

 

 

 

先日ブログでお伝えした京都府立植物園の金木犀(キンモクセイ)です。

よく見ていただくと、オレンジ色の花と、白い花をつけた木があることが

お分かりでしょうか?

実物を見るのは初めてでしたが、白の銀木犀(ギンモクセイ)は、金木犀より

優しい香りが特徴です。

それでも私は王道の金木犀の方がやっぱり好きです。

 

興味のある方は香りの違いを比べに、ぜひ訪れてみて下さいね。


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/10/17

"むし歯ケア"から"歯周病ケア"の、そして"口腔ケア"の時代へ

こんにちは。

京都クリニック クリニカル・コーディネーターの伊藤です。

今日は1980〜90年代の新聞記事2つから、

「歯周病予防の時代」について考えてみたいと思います。

 

 

2018101703.jpgのサムネール画像          2018101702.jpg

 

 

「リンゴをかじると・・・」でお馴染みの、歯と歯ぐきのケアができるハミガキ粉を発売した

ライオンは、お茶の間に ”歯槽膿漏” への意識を広く浸透させていきました。

この頃の新聞記事から、「歯槽膿漏」=「歯周病」として、一般に認知されてきた

ことが伺えます。

 

むし歯予防だけに向きがちだった意識も、20年以上経った今では、

「歯周病予防」や「口臭予防」といった効果が注目を集めています。

また年齢が上がるにつれてむし歯予防から、歯周病予防への効果を期待している

傾向にあります。

 

30年後の2018年現在では、歯周病は全身の状態に影響を及ぼすことが明らかになり、

単に歯だけの問題ではなくなりました。

お口のケアが不十分であれば、誰もがかかりうる病気といえます。

だからこそ、歯ならびを整えて磨きやすいお口の状態を作る ”歯列矯正” も、ケアに加えて

ご検討いただく時代になってきました。

 

 

2018101704.jpg

 

 

また金木犀の咲く季節がやってまいりました。

私の一番好きな香りで、毎年の楽しみでもあります。

今年は知り合いから京都植物園にも植えられているという情報をもらったので、

今度のお休みに訪れてみようと思います。


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/10/10

teethmineは昔から・・・

こんにちは。

京都クリニック クリニカル・コーディネーターの伊藤です。

今日は前回の記事から引き続き「予防の大切さと、今からできること」について

考えてみたいと思います。

 

今は一般的に ”予防のために歯科医院に通う” 考え方が広まってきましたが、

teethmineでは開院当初から(約30年前)

”悪くなる前に、悪くならないように予防する” という考え方を大切にしてきています。

 

矯正治療でも「歯ならびが悪くなりそう」「いずれ歯ならびが悪くなると言われた」

という将来的な不安の状態と、

「歯ならびが悪いので治療をしたい」というパターンが多いと思われますが、

前者の場合は「では何をどうしたら良いのか?」と漠然とした疑問を覚えられる方が

大半だと思います。

そこでお伝えしたいのが、teethmineのこども予防歯科で行っている ”予防矯正治療” です。

歯が生え始めた頃から今からできる手入れ(治療)を行っていくことで、歯ならびや

かみ合わせをよい状態に保つことができると同時に、大人への歯ならびをスムーズに

完成させることを目的とした提供メニューです。

 

将来、本格的矯正治療に進む必要がなくなる方もおられますし、治療費も少なく済むなど

メリットも大きいことが特徴です。

またteethmineのこども予防歯科はむし歯予防にも特化しており、プロによる定期的な

メインテナンスはもちろん、歯ならびについてもチェックを行っていますので、

矯正治療が必要であれば、最適な時期にお知らせさせていただくことができるため

とても好評をいただいております。

矯正専門のクリニックだからこそ、ご提供できる特別なメニューです。

予防のために歯科医医へ通う発展的な考え方をお持ちの方は、ぜひご利用下さい。

 

 

2018101002.jpg

 

 

クリニックのディスプレイもハロウィン仕様へ変わりました。今年はいたるところに

カボチャが隠れていますので、クリニックに訪れた際にはぜひ探してみて下さい。

10月31日までの期間限定です。

11月にはクリニックも模様替えの予定ですので、こちらもお楽しみに。


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/10/03

後悔に代えて

こんにちは。京都クリニック クリニカル・コーディネーターの伊藤です。

今日は1990年代の新聞記事から、

「一日40分、一生磨く覚悟」という記事についてお伝えしたいと思います。

 

 

20181003.jpg

 

 

 

記事はある男性の歯みがきの様子について紹介しています。

この男性は重度の歯周病を患ったことから、毎日40分をかけ、徹底的にブラッシングを

行っています。

これだけの時間をかけて歯を磨くのはとても大変だと思いますが、

「歯周病を二度と再発させない」というその姿勢に、並々ならぬ熱意と努力を感じました。

 

歯周病は悪化すると歯が抜け落ちてしまうリスクの他、糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞などと

深く関係のある病気で、細菌による感染症という面と生活習慣病という面を併せ持っている

ことから、早期発見・早期治療が重要と言われています。

 

記事の男性のように強い後悔の気持ちをもって取り組むことで、自分の歯で噛める幸せを

取り戻すことができると分かりました。

先生任せではなく、ご自身の「守りたい」という気持ちが結果を左右するということですね。

 

次回は「予防」について考えてみたいと思います。

 

 

2018100302.jpg

 

 

 

私の祖母は9月で92歳になりました。

いつも遠方に住む孫たちを気にかけてくれる優しいおばあちゃんです。

今でも自分の歯で何でも美味しく食べている祖母から、歯がある大切さを学び、

私も見習いたいと思います。長生きしてね。

 


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/09/26

災害時に役立つオーラルケアアイテム

こんにちは。

京都クリニック クリニカル・コーディネーターの伊藤です。

今日は1991年8月の新聞記事から、「洗口液」についてお伝えしたいと思います。

 

 

20180926.jpg 

 

 

洗口液(せんこうえき)は、プラーク除去やむし歯・歯周病・口臭予防に一役買って

くれるアイテムとして、現在でも人気を集めています。

その殺菌効果だけでなく、 ”味” や ”使用感(爽快感)”といった要素も大切な

ポイントです。

 

また洗口液は、日常使いの他にも ”災害時に役立つオーラルケアアイテム”として

注目されていることをご存知でしょうか?

水の調達が難しいことに加え、口腔ケアが不足になりがちな状況においては、

お口の中の最近が繁殖して、身体に悪影響を及ぼす可能性が指摘されています。

そのためブラッシングに加え、洗口液(または液体ハミガキ)を併用するなどして、

プラークを除去していくことが大切とされています。

他にも、

 ・災害時の清潔健康ケア(LION HP)

 ・歯科医師会災害チラシ(三重県歯科医師会)

などに、災害時の口腔ケアで参考になることが紹介されていますので、

併せてご参考下さい。

さっそく私も自分の防災用品の中に、洗口液を加えました。

 

 

 2018092302.jpg

 

 

先日古本屋さんで、ステキな写真集を見つけました。

「天空の鏡」で知られている ”ウユニ塩湖” のものです。この写真は中身の一部なのですが、

一枚として同じ風景がなく、本当に魅力的なところだなと思いました。

一生に一度は見てみたい景色です。


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/09/19

電動歯ブラシについて

こんにちは。

京都クリニック クリニカル・コーディネーターの伊藤です。

今日は1991年8月の新聞記事から、「人気の出てきた電動歯ブラシ」という

記事についてお伝えしたいと思います。

 

 

 20180919.jpg

 

 

記事は電動歯ブラシの売り上げの好調ぶりを伝えています。

” 話題になってきたのは昨年から ” という内容を見ると、日本では90年代頃から

一般に普及してきたことが伺えます。

メーカーのHPに、当時発売していた電動歯ブラシが紹介されていました。

こちらの企業では、

 

 ・開発初期 :「フラット形状ブラシ」・・・毛先が揃ったシンプルなブラシ。ヘッドも大きめ。

 ・1995年〜:「山切りブラシ」   ・・・山切りの毛と中高の毛を組み合わせた立体型。

                      ヘッドもコンパクトに。

 ・2008年〜:「ダブルエッジブラシ」・・・みがき残しの多い部分を落とせる、歯にフィット

                      した形状へ。

 ・2016年〜:「密集極細毛ブラシ」  ・・・歯周病で歯を失う人が多いことから、歯周ポケット

                     ケアができるブラシへ。

 

その時代時代で求められていたブラシを採用し、モーターや動き、充電機能などを

進化させていったことが分かりました。

私は手みがき派ですが、時間のない朝や手みがきが面倒な時などに便利そうです。

ただゴシゴシこすったり、強い力をかけすぎると歯や矯正装置などを傷つけたり、

歯ぐきを痛める危険があるので、やさしくあてるようにして下さいね。

 

 

 2018091902.jpg

 

 

あんなに暑かった夏も終わりを告げるように、夜になると外から鈴虫の

音色が聞こえてきます。

秋の訪れを感じます。


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/09/12

矯正治療の痛さについて②

こんにちは。

京都クリニック クリニカル・コーディネーターの伊藤です。

今日は前回に引き続き「徐々に慣れてゆく矯正装置」について

お伝えしたいと思います。

 

矯正治療は医療技術の進歩や、矯正装置の改良・開発により、

日々使用する装置や治療方法も増えています。

それぞれの装置や治療法にはメリット・デメリットがあり、

痛みのでた時の対処法や、そのリスクを知っておくことも大切です。

 

teethmineのHPにある ”技工士ワンポイントアドバイス” では、

クリニックで使用している装置についてそれぞれ紹介しており、装置の取り扱いの注意点

についてもお知らせしています。ぜひご参考下さい。

(拡大ネジの回し方、セパレーションゴム、ブラケット装置についてはこちら→

 

矯正治療に使用する装置は色々ありますが、お口の状態やライフスタイルに合わせて

その方、その時期に合った最適な装置のご提案が先生よりあります。

先生を信頼して、治療中の痛さも乗り切って下さいね。

私たちクリニカル・コーディネーターも、みなさまの装置に対する不安を解消できるように

初めにしっかりとお話をさせていただきたいと思います。

 

 

20180912.jpg

 

 

うだるような暑さも一段落してきました。

今度のお休みには久しぶりに、鴨川沿いをサイクリングに行こうかなと思います。


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/09/05

矯正装置の痛さについて①

こんにちは。

京都クリニック クリニカル・コーディネーターの伊藤です。

今日は1990年台の新聞記事(コラム?)から、

「徐々に慣れてゆく矯正装置」についてお伝えしたいと思います。

 

 

20180905.jpg

 

 

記事は福沢諭吉が歯科医師、小幡英之助に送った 「(福沢夫人の)”施術中止”のお願い」

の手紙を、解説を交えて紹介しています。

手紙の消印から、およそ明治20年頃のやりとりと推測されていますが、その内容から

当時は局所麻酔をせずに歯の治療をしていたのでは、とのこと。

麻酔のない時代の歯科治療・・・治療の痛みも相当なものだったに違いありません。

「歯の痛み」と「治療の痛さ」、福沢夫人は歯の痛みを選んだということですね。

 

さてそこで矯正治療はというと・・・

私がteethmineに勤めてから今まで現在、治療の「痛み」が気になって矯正治療を

中断された方は一人もおられません。

技術の進歩で少しずつ「治療の痛さ」は軽減されるようになってきています。

痛さが心配で矯正治療を躊躇している方は、ぜひ治療の一歩を踏み出してほしいと

思います。

 

次回のブログでは、装置別の対処法をご紹介します。

 

 

 2018090202.jpg

 

 

ライトアップされている京都タワーをたまたま見る機会があり、とてもキレイだったので

思わず写真におさめてしまいました。

この日はイベント(ディスコの日)に合わせた ”ショッキングピンク” 色。

キャンペーンや企画、時期によってタワーの色が変わるそうですね。

他にも20色近く色々な色が点灯されているようですが、

” ティール&ホワイト ”(子宮頸がん啓発)

” ピンク&オレンジ ” (京都府少子化対策府民会議設立キャンペーン)

” レッド&グリーン ” (クリスマス)

など、2色カラーが特に見てみたいと思いました。

2018005


続きを読む

カテゴリ

月別一覧

検索


teeth mine 京都クリニック
京都市北区小山下初音町45
TEL:075-491-9990
FAX:075-491-9991

京都の閑静な住宅地の中にたたずむモダンな外観のクリニックです。クリニックの門をくぐると、どこからか心地よい音楽が流れてきます。石だたみのスロープを進むと、明るい待合室が皆さまをお迎え致します。

teeth mine 京都クリニックホームページへ
teeth mine 岐阜クリニック
岐阜市長住町2-4 大橋ビル3F
TEL:058-266-9001
FAX:058-266-9002

さわやかな笑顔を獲得したい人、そして、子ども達の将来をお考えのお母さまに、新しい歯科治療の流れをご提案します。

teeth mine 岐阜クリニックホームページへ