teethmineの目指すもの

歯科衛生士が綴る社会派ブログ

2018/05/18

大切な心がけ

こんにちは。

京都クリニック歯科衛生士の橋本です。

 今回は、日歯広報『天地人』のコラムをご紹介しようと思います。

 

 

201805183.JPG

 

 

“かかりつけ医”は疾病だけでなく、その人のバックグラウンドを把握し、

適切な処置、様々なアドバイスを行えなければならない。

                     (日歯広報 第1701号より)

 

このコラムは、会務についてのものでしたが、

上記の内容が心に残ったので抜粋させていただきました。

 

例えば、テスト期間が近い学生であれば、勉強の支障にならないように

違和感が少ない方が良いかを本人に尋ねたり、

社会人でブラッシングに十分な時間をかけるのが難しい方へは、

マメにお口をゆすいでもらう・就寝前のブラッシングは丁寧に行う・

定期的なプロのクリーニングも積極的に受けていただくといった、

“その方に合わせた処置やアドバイス”は、

歯科医師だけでなく、歯科衛生士である私も同様に心がけなければなりません。

そのために患者さまと良い距離感で関わりを持ちその方の人となりを

知っていくことで、丁寧な声かけに繋げていきたいと思います。

 

 

201805182.JPG

 

 

二条駅近く『クランプコーヒーサラサ』、

店内には大きなコーヒー豆の焙煎機があるので、店内はとても良い香りに包まれています。

店員さんが焙煎機の前で作業している姿はとても格好良く、

より一層美味しく感じコーヒーを味わいました。


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/05/16

食生活と歯周病

こんにちは。

京都クリニック クリニカル・コーディネーターの伊藤です。

今日は「食生活と歯周病」について考えてみたいと思います。

 

 

20180516.jpg 

 

 

エジプトのミイラからも歯周病が発見されていることをご存知でしょうか?

さらには旧石器時代の早期ネアンデルタール人の顎の骨や猿人の骨からも見つかるほど、

歯周病は古い時代から私たちを悩ませてきました。

色々な古代人の歯周病の状態から、身分の高い人ほどその症状はひどく、食習慣に

影響されていたことが考えられています。(参考HP:テーマパーク8020)

 

古代エジプト人の病気」という論文によると、王様や貴族の食していたものは

甘い菓子や脂肪の多い肉類など、ぜい沢な食べ物だったといいます。

このような食べ物は、食後のケアいかんによっては歯周病のリスクは高まるばかりです。

現代でも、柔らかくて食べやすいように調理した加工品や、糖質をふくむ食べ物は手軽に

手に入れることができるようになりました。

普段からよくかんで食べるものや、栄養バランスのとれた食事を心がけて、食生活の面からも

歯周病のリスクを減らすことが必要です。

 

 

 2018051602.jpg

 

 

GWは姉妹のいる香川県に行ってきました。

初日はイルカとふれあえる「日本ドルフィンセンター」へ。

サインを覚えてイルカに指示を出したり、エサやりをすることができるトレーナー体験に

参加しました。

イルカの肌にふれる時はちょっとドキドキしましたが、とっても楽しかったです。

20180516


続きを読む

歯科衛生士物語

働く歯科衛生士への道

2018/05/07

仕上げ磨きにフロスもプラスしましょう

こんにちは☆歯科衛生士の濱本です。

 

今日は前回の続きでフロスのお話をしようと思います。

仕上げ磨きでは、歯ブラシでは取りきれない

歯と歯の間の汚れをフロスで落とすことも大切です。

歯ブラシが苦手でも『フロスを通すのは楽しくて好き』というお子さんも多いので

練習して慣れてきたら、どんどんお子さんご自身にやってもらいましょう。

このときフロスがのどに当たらないように、必ず近くで見てあげてくださいね。

 

歯科衛生士の立場としては、むし歯予防のために毎日のフロスが理想的ですが

実際に母としての私は、フロスを毎日するのは面倒で

時間がある時に歯ブラシを使っての仕上げ磨きにプラスするようにしています。

もうすぐ4才の長女もフロスが大好きで、鏡を渡すと自分で上手にやっています。

 

歯と歯の間は子どもに限らず大人でもむし歯になりやすい場所

ベビーちゃんの時は奥歯2本(DEの間)に特に注意してフロスを習慣にしていき

大人になってもご自身で続けられるといいですね

 

 

001004290_L.jpg

 

これはteethmineで販売してい子ども用フロスの『フロスちゃん』です♪

お子さまの奥歯も通しやすい小さなサイズでおすすめです。


続きを読む

ブランディング・ノート

明るい未来をしめす道標

2018/05/05

お口のケアの"トライアングル"⑥

こんにちは。クリニカル・コーディネーターの市田です。

前回に引き続き、お口のケアの“トライアングル”についてのお話です(^^)

今回は3つ目『プロフェッショナル・ケア』について♪

 

最近では、“むし歯を治療する”から

むし歯にならないように予防する”のが理想的な歯科医院と、

世の中の認識が変わりつつあります。

ホームケアだけでは落とすことができない汚れを、

専門の資格を持ったプロ(歯科衛生士)がフォローしていくだけではなく、

プロからケアの仕方を聞くことで、

普段の自己流を見直し、自分に合ったケア法を一緒に見つけていくのです☆

「ブラッシング実習は子どもだけ」

「大人になってからだと恥ずかしい」などと聞くことがありますが、

お子さまから成人の方まですべてのみなさまが対象です!

プロに教わると、「こんなに部分的に細かくケアする方法があるんだ!」と驚きますよ(^^)

 

 

20180505.jpeg 

 

 

お菓子作りの体験ができる愛知県犬山市『お菓子の城』

手作りクッキー体験では、可愛らしいキティーちゃんを作りました!

アーティスト性の全くない私ですが、我ながら力作です


続きを読む

teethmineの目指すもの

歯科衛生士が綴る社会派ブログ

2018/05/04

定期的なチェック

 こんにちは。

京都クリニック歯科衛生士の橋本です。

今回は、『ソフトブレーン・フィールド』が全国4000名を対象に実施した、

オーラルケアに関するアンケート調査についてご紹介します。

 

 

201805042.jpg

 

 

定期歯科検診を受診している人が半数近くにのぼることが分かった。

その頻度は“半年に1回”が34,8%と最も多く、

“3か月に1回”と回答した人が28,3%、“1年に1回”と回答した人が20,4%だった。

                           (Dentalism 30より)

このアンケートから分かるように、“治療よりも予防”という意識をもつ

9割もの人たちが1年以内に定期的な歯と口のチェックを受けているようです。

『何か問題があれば、早めに対応策をとる』『何も問題がないということを確認する』

というふたつの目的でを持つことが大切です。

 私も、歯や口はもちろんのこと、身体の定期的な健診も欠かさず健康な状態で、

teethmineに通っていただく皆さまとずっと関わりを持ち続けたいと思います。

 

 

20180504.JPG

 

 

フランスの植民地時代に建設された『サイゴン大教会』は、

ベトナム最大のカトリック教会です。

ステンドグラスがキレイということで楽しみにして向かったところ・・・

タイミング悪く改修工事中でした。

次にホーチミンを訪れた際は、必ずリベンジしようと心に決めました!

2か月にわたった旅行記は今回でおしまいです。

また次の楽しみのあるので、こちらでご紹介させていただきます。


続きを読む

ハイジニスト通信

情報発信局

2018/05/03

酸から歯を守る!

 こんにちは。岐阜クリニック歯科衛生士の中村です。

 

 前回、酸の強い飲食物が歯を溶かす「酸蝕」についてお話しました。

具体的に酸性が強い飲み物は、下の画像を見ると分かります。

画像に示されているpHの値が低いほど、酸は強くなります。

 

 

2018050302.jpg

 

 

           (デンタルハイジーン 通巻404号/医歯薬出版株式会社)

 

酸蝕症を予防するポイントは、歯を長時間酸にさらさないことです。

酸蝕症の原因となる食べ物は、私たちのまわりに溢れています。

大切なのは、摂る物を選ぶ力を付けたり、自分で飲み方や食べ方を工夫することです。

 

 

 20180503.jpg

 

 

 7月まで期間限定で開催されている名古屋の地下鉄を巡る謎解きイベント

「地下迷宮に眠る謎」に挑戦し、1日かけて名古屋の地下鉄を探索してきました。

地下鉄や名古屋の街並みのいつも気づかない新しさが発見できます♪


続きを読む

デンタル・ケア・タイム(2)

2018/05/02

「40歳になったら自分の口腔に責任を持て」(記事本文より)

こんにちは。

京都クリニック クリニカル・コーディネーターの伊藤です。

今日は新聞記事から「40代の口腔環境問題」について考えてみたいと思います。

 

 

20180502.jpg

 

 

仕事や子育てで何かと忙しい40代。

自分のことは二の次になる方も多いのではないでしょうか。

社会的にも肉体的にも大きな節目。最近は歯を失う人も減ってはきていますが、歯を失えば

様々なお口のトラブルが生じるころでもあります。

teethmineには40代や50代の方も多く来院されます。

そんな方々にクリニックおすすめのメニューは、トリートメント・ケアです。

リピーター続出の癒やしの内容となっております。ぜひクリニックに足をお運び下さい。

 

 

2018050202.jpg  

 

東京で行われたコーディネーターセミナーの帰りに、池袋サンシャイン水族館に

立ち寄りました。

今まで実物を目にしたことがなかった「越前クラゲ」や「マンボウ」など見どころ満載。

さらにお隣のプラネタリウムでは、大迫力の星空と森林のアロマの香りで別世界の

ようでした。

どちらもオススメです。


続きを読む

grow up days

クリニカル・コーディネーターとしての成長日記

2018/05/01

〜 スキル・アップ・セミナー② 〜

こんにちは。クリニカル・コーディネーターの勝村です。

 

今日は、スキル・アップ・セミナー『メンタルヘルス』についてお話します。

私は「メンタルヘルス」とは、「心の病」というネガティブなイメージをしていましたが、

実際は、「心身ともに充実した健康状態」で使われているようです。

そしてこの「メンタルヘルス」という言葉は社会的風潮の中で非常に注目されており、

会社組織全体で「メンタルヘルス」に取り組んでいるという参加者もみられました。

この講義では、「メンタルヘルス」を目指すための取り組みとして

自分の思考のクセを知ることや他者とのコミュニケーションの取り方についての

話がありました。

 

 

20180501.jpg 

 

 

私のストレス解消方法その①は、

朝1人でゆっくりと過ごすことです。

早起きをして主人を仕事に送り出した後、一杯のコーヒーを飲みながら

ゆっくりすることで心にゆとりが出ます。


続きを読む

ブランディング・ノート

明るい未来をしめす道標

2018/04/28

お口のケアの"トライアングル"⑤

こんにちは。クリニカル・コーディネーターの市田です。

前回に引き続き、お口のケアの“トライアングル”についてのお話です(^^)

今回は2つ目の『セルフケア』について♪

 

みなさま、ご自宅でのお口のケアはどのように行っていますか?

正しいみがき方で、きちんと歯の汚れを落としていますか?

歯みがきだけでは汚れを100%落とすことは難しいと言われていますが、

歯ならびやお口の中の状態によって、

歯ブラシの持ち方や当て方動かし方もそれぞれ違います。

では、自分に合った歯みがきの仕方はどのように知るのか?

次に続きます。

 

20180428.jpeg 

 

名古屋錦のタンしゃぶ『由乃

予約がなかなか取りにくい名店です♪

板の上にキレイにびっしりと並べられたタンは、しゃぶしゃぶすると、

さっぱりとしていて、大量の肉をぺろりとたいらげました(^^)


続きを読む

teethmineの目指すもの

歯科衛生士が綴る社会派ブログ

2018/04/27

"歯列矯正装置をつけることに抵抗がありますか?"

こんにちは。

京都クリニック歯科衛生士の橋本です。

今回は、アライン・テクノロジー・ジャパンの行った調査に関する記事をご紹介します。

 

 

20180427.jpg

 

 

“歯列矯正装置をつけることに抵抗がありますか?との質問では、

アメリカでは抵抗のある人が23%なのに対し、日本では50%の人が抵抗があると回答した”

                              (Dentalism No26より)

 

2012年の前回調査から“抵抗ある”と回答した人が16%減少したものの、

アメリカの2倍以上の人が歯列矯正装置に抵抗があるということがわかりました。

私の大学時代のサークルの友人12人(男5人・女7人)の同様の質問をしたところ、

 全く抵抗ない・・・3人(25%)  男1人・女2人

あまり抵抗ない・・・6人(50%)  男2人・女4人

   抵抗ある・・・3人(25%)  男2人・女1人

という結果になりました。

現在矯正治療中の友人が1人いることや、私自身が矯正歯科で勤務していることで、

常々目に触れたり耳にする機会が多いため、友人達の“矯正治療装置に対する抵抗感”を

少なくすることに貢献していると、数値から考えることができました。

家庭を持つ友人が多く、これからどんどん家族が増えるので、

“自分のこどもには矯正治療をさせてあげよう”という気持ちを持ってもらうためにも、

彼らに会う機会には、矯正治療のニュースや話題を提供し、

矯正治療の必要性を伝え続けようと思います。

 

 

201804272.JPG

 

 

ベトナムで楽しみにしていたことのひとつは、かごバックを買うこと。

専門店には豊富な種類があり、ずっといられそうな位にワクワクしました。

見つけたお気に入りのバックは、これからの季節に大活躍しそうです。


続きを読む

カテゴリ

月別一覧

検索


teeth mine 京都クリニック
京都市北区小山下初音町45
TEL:075-491-9990
FAX:075-491-9991

京都の閑静な住宅地の中にたたずむモダンな外観のクリニックです。クリニックの門をくぐると、どこからか心地よい音楽が流れてきます。石だたみのスロープを進むと、明るい待合室が皆さまをお迎え致します。

teeth mine 京都クリニックホームページへ
teeth mine 岐阜クリニック
岐阜市長住町2-4 大橋ビル3F
TEL:058-266-9001
FAX:058-266-9002

さわやかな笑顔を獲得したい人、そして、子ども達の将来をお考えのお母さまに、新しい歯科治療の流れをご提案します。

teeth mine 岐阜クリニックホームページへ