teethmineの目指すもの

歯科衛生士が綴る社会派ブログ

2018/09/14

第24回口腔保健シンポジウム

こんにちは。

京都クリニック歯科衛生士の橋本です。

今回は、8月24日(土)に『<人生100年時代>健康寿命の延伸はお口のケアから

〜歯周病が与える糖尿病と腸への影響、最新情報〜』をテーマに開催された、

第24回口腔保健シンポジウムついてご紹介します。

 

 

201809142.JPG

 

 

特別講演では歯科の立場から、

山崎和久・新潟大学大学院医歯学総合研究科口腔生命科学専攻口腔生命福祉学科教授が、

“全身の健康に大切な話 口と腸の切っても切れない関係”と題して、

病気と細菌叢の関係について触れた上で、歯周病は口腔内細菌叢の乱れで発症するため、

プラークコントロールや口腔ケアが重要であると説明した。

                           (日歯広報 第1712号より)

口腔内の細菌叢の乱れは全身の健康と腸内細菌叢に悪影響を与え、

腸内細菌叢の乱れは肥満・糖尿病・動脈硬化症・関節リウマチや歯周病など

全身に影響与えることも紹介されました。

 

このように、口腔と腸管は相互に影響を及ぼすため、双方の環境を整えることが大切です。

私は毎朝の歯みがきでは殺菌効果のあるコンクール・ジェルコートFを歯磨き粉として使って、

就寝時に増えている口腔内の細菌をできるだけ少なくする工夫をしていますが、

凝ったことではないので誰でも簡単に続けることができると思います。

歯科衛生士となったからこそ知識を得て取り入れることができているホームケアを

これからも提案していき、口の中の歯周病菌が体内に入らないようにするお手伝いをすることで、

全身の健康にも貢献できるようにします。

 

 

 20180914.JPG

 

 

旅行で九州のいくつかの県を訪れました。

その中で宮崎県日南市のサンメッセ日南ににあるモアイ像は、

世界で唯一イースター島からの許可を得て建てられています。

関西からイースター島へは40時間ほどかかりますが、

こちらだと半日ほどで向かうことができます。


続きを読む

teethmineの目指すもの

歯科衛生士が綴る社会派ブログ

2018/09/07

離島歯科巡回診療

こんにちは。

京都クリニック歯科衛生士の橋本です。

今回は、鹿児島県の“歯科巡回診療車運営事業および離島歯科医療等体制充実事業”

についてご紹介します。

全国の歯科医師会では各地域で無歯科医村へ巡回サービスを行っています。

 

 

20180907.jpg

 

その内容は応急処置だけでなく、義歯の製作修理、クラウン・ブリッジ・インレー、

歯周病治療なども行っています。

また、近年は治療だけでなく、フッ化物塗布、学校健診など予防的なこと、

口腔ケアの必要性も高まっています。

                         (日歯広報 第1711号より)

鹿児島県は南北に長く、沖縄県までの600kmの間に連なった多くの有人離島の

人口50〜200人の無歯科医地区に年2回(一部4回)の歯科巡回診療を歯科医師が行っており、

昨年度の診療実施日数は48日、受診者はのべ349名でした。

 

“歯科医院はコンビニエンスストアの数より多い”と言われるなか、

離島に住む人たちは限られた診療日で治療を受けています。

すぐに行くことができない環境だからこそ、毎日のお家での歯と口のケアが大切になることを、

この記事を通して学びました。

これは、仕事や予定で毎日忙しくて歯医者に足を運ぶことができない人たちも同様に、

通っておられる患者さまが忙しくて日頃みがき残しそうな所ほど、

よく念入りに専用の機械でお掃除して、

teethmineで歯も歯ならびもお任せできると思っていただけるように、

歯科衛生士として取り組み続けていこうと思います。

 

 

201809072.jpg

 

 

前回ご紹介した奈良のキッシュ専門店での食後のデザートとして、

20〜3メートルほど歩いた場所にある“春日野窯(はるひのがま)”へ。

見た目にも可愛い濃い抹茶味にイチゴのクリームがアクセントになったかき氷は、

暑さを吹き飛ばしてくれる一杯でした。


続きを読む

teethmineの目指すもの

歯科衛生士が綴る社会派ブログ

2018/08/31

"0歳児からの口腔機能事業"

こんにちは。

京都クリニック歯科衛生士の橋本です。

今回は、愛知県歯科医師会の実施している“0歳児からの口腔機能育成事業”での

取り組みについてご紹介します。

 

 

20180831.jpg

 

 

昨年度はリーフレット

“子どもの育ちにかかわる方々へ 歯科医からのアドバイス 赤ちゃんとお口の育ち”を発行。

併せて県歯の事業として歯科関係者および他職種向けに3回の講習会も開催した。

                             (日歯広報 第1711号より)

 

乳幼児期からの口腔の育成や食育などの基本的な生活習慣の形成を図ることの重要性を、

こどもの育ちに関わる他職種(保育士・幼稚園教諭・小児科医師・保健師・助産師など)にも

普及啓発することを目的とした事業です。

teethmineのHP“エンジェルママのワンポイントアドバイス”では、

ママになる方・周りでママになる方など、こどもの育ちに関わる方々に

「知って良かった!参考になった!」と思っていただける内容を

口腔ケアの専門家である歯科衛生士が分かりやすく解説しています。

私の周りでも、これからママになる友人がどんどん増えそうなので、

歯科衛生士としてアドバイスをしつつ、

teethmineの“エンジェルママのワンポイントアドバイス”をぜひ参考にしてみて!」と

オススメしようと思います。

 

 

201808313.JPG

 

 

奈良・春日大社の近くにあるキッシュ専門店“レ カーセ”へランチへ。

定番のプレーンから季節限定のものまで、

約10種類の中から1つのキッシュを選ぶのにひと苦労です。

私はアボカドとエビのキッシュを選びましたが、

まだまだ食べたいキッシュがいくつかあったので、再訪を決意しました。


続きを読む

teethmineの目指すもの

歯科衛生士が綴る社会派ブログ

2018/08/24

事業所における簡易歯科健診事業

こんにちは。

京都クリニック歯科衛生士の橋本です。

今回は、石川県歯科医師会が全国健康保険協会(協会けんぽ)と

連携して取りくんでいる事業についてご紹介します。

 

 

20180824.jpg

 

 

歯科保健が手薄だった成人に対し、職域からアプローチできるよう

『事業所における簡易歯科健診および受診勧奨プロジェクト』をスタートした。

                       (日歯広報 第1711号より)

健診では、だ液潜血検査“ペリオクリーン”と口腔保健質問紙調査のみを実施し、

協会けんぽから歯科医院への受診勧奨対象者

(検査が“陽性”および質問紙調査で歯科受診勧奨者)の59%が、

歯科医院を受診する予定ということが、アンケート調査で分かりました。

 

日頃歯科医院に足を運ぶのが難しい働き手にとって、

事業所にいながら簡易に歯科健診ができ、また、

歯科保健行動のについて意識の低い潜在患者が埋もれている事業所へのアピールができるので、

歯科医師会と働き手の双方にとってメリットがある取り組みです。

teethmineでは矯正治療だけてなく、

歯のクリーニングや歯ぐきのケアだけで通っていただくことができるので、

通っておられる方のご兄弟・ご家族にもオススメをして、

“一家で歯と口の健康づくり”をしていただけるような

クリニックになることを目指しています。

 

 

201808242.JPG

 

 

お気にいりのイタリアンレストラン“La casa”でのディナー。

とうもろこしのリゾットは、食感が楽しい一品です。

前回の花火に続き、食事でも感じることができました。


続きを読む

teethmineの目指すもの

歯科衛生士が綴る社会派ブログ

2018/08/17

『歯ブラシ交換デー』

こんにちは。

京都クリニック歯科衛生士の橋本です。

今回は、ライオン株式会社が制定した『歯ブラシ交換デー』についてご紹介します。

 

 

201808173JPG.JPG

 

 

定期的な歯ブラシ交換への気づきを促すため、歯ブラシの歯(ハ=8)にちなんで、

毎月8日を『歯ブラシ交換デー』として一般社団法人日本記念日協会に申請し、

2017年12月27日(水)に認定を受け、新たな記念日として制定されました。

                        (ライオン株式会社 HPより)

 

ライオン株式会社の調べでは、生活者が歯ブラシを交換する頻度は平均7.3回/年で、

・つい忘れてしまう

・まだ使える

・歯ブラシの交換のタイミングが分からない

という理由が挙げられます。

“歯ブラシを交換するタイミング”について友人に尋ねたところ、

・3ヵ月に1回くらい・・・特に理由はなく、なんとなくこれくらい

・年に3回くらい  ・・・先が割れてきたら

・半年に1回くらい ・・・そんなに汚れてないし・・・

と、私の期待していた答えを見事に裏切る(?)ような回答がありました。

このやりとりをしたことで、「交換ってもっとした方が良いの?」と気づきを与えて

「毎月8日に歯ブラシを交換するように!」と早速伝えることができました。

身近な人とのやりとりの中でも、歯科衛生士として

歯とお口の健康につながる啓発をすることの大切さを再確認しました。

スタッフそれぞれの歯ブラシの交換ペースを聞いたところ、

クリニカル・コーディネーター伊藤、歯科衛生士小澤、橋本の3人が、1ヵ月に1回の交換です。

3人とも意識的に1ヵ月に1回交換するようになったのは、医療従事者になってからで、

それまでは3ヵ月に1回くらいでした。

“意識的に”交換することも、この聞き取りで大切だと感じました。

 

 

201808172.JPG 

 

 

8/4(土)に開催された、みなとこうべ海上花火大会。

海上から打ち上がるキレイな花火を、神戸のステキな夜景を背景に観ることができます。

今年はじめて“夏の風物詩”を味わうことができたイベントです。


続きを読む

teethmineの目指すもの

歯科衛生士が綴る社会派ブログ

2018/08/10

『ペンギン ハイウェイ』

こんにちは。

京都クリニック歯科衛生士の橋本です。

今回は、8月17日(金)から公開されるアニメーション映画『ペンギン ハイウェイ』について

ご紹介します。

 

 

201808103.jpg

 

 

主人公の少年が通う歯科医院の“お姉さん”との関わりが物語の中心で、

歯科医院のシーンがしばしば登場します。

                            (日歯広報 第1710号より)

同映画は『夜は短し歩けよ乙女』の作者でもある、

作家・森見登見彦さんの小説が原作となっており、

カナダ・モントリオールで開催されたファンタジア国際映画祭では

最優秀アニメーション賞にあたる“今敏賞”を受賞しています。

 

小さな頃には、医院へ足を踏み入れただけでも泣きそうになるくらいの怖がりで、

歯科衛生士となったいまでは、とても恥ずかしい思い出です。

乳歯を抜くときも怖くて泣いていましたが、「絶対大丈夫!」と

安心する声かけをたくさんもらえたことで、乗り切れたこともありました。

クリニックでも、特に通い始めの方は緊張しているので、

これから行うことの声かけは欠かさず行って、何か不安や疑問に思うことはないか、

あればそれが解消してお帰りいただけるように心がけています。

カウンセリングや治療前の緊張感を少しでも感じなく過ごしていただき、

待合室ではリラックスできる空間を演出するために、“自然”“Art”をバランス良く配置し、

teethmineとの関わりを長く安心して持ち続けていただけるように、

スタッフ一同していきます。

 

 

20180810.jpg

 

  

念願叶って人生初の甲子園。

席は、熱狂的阪神ファンに囲まれるライト外野席です。

はじめは私設応援団による周りの応援に、ただただ圧倒されっぱなしでしたが、

知らない人とでも喜び合うことの一体感がとても楽しかったです。 


続きを読む

teethmineの目指すもの

歯科衛生士が綴る社会派ブログ

2018/08/03

"見たくなる"工夫

 こんにちは。

京都クリニック歯科衛生士の橋本です。

今回は、佐賀県歯科医師会のWebプロモーション活動についてご紹介します。

 

 

20180803.jpg

 

 

佐賀県歯科医師会では、

近年県内の市町で制作されている映像を使ったWebプロモーション活動に着目し、

“見たくなる”“印象に残る”“話題になる”ような

これまでにないプロモーション映像の制作を試みることになった。

                           (日歯広報 第1709号より)

映像は、ターゲットを10代後半から40歳くらいまでの女性として、

「何これ?」「ちょっと怖い!」「ちょっとウケる!」と、

話題になりその上“見たくなる動画”を目標として制作されました。

佐賀県歯科医師怪』と題される映像は、ホラーの要素を取り入れつつ、

面白く歯科医師会やかかりつけ歯科医について紹介されています。

 

ところで、京都クリニックではクリスマスシーズンの12月になると、

待合室に大きなクリスマスツリーが飾るようにしています。

このクリスマスツリーのテーマは毎年違い、通院中の患者さまには

「今年はどんなテーマのツリーかな」と“見たくなる”楽しみを持っていただいています。

通院が長期にわたる矯正治療で、

通いたくなる“クリニックづくり”も大切に、テーマをもってお迎えしたいと思います。

 

 

201808033.JPG

 

 

友人のSNSで開催されていることを知り、

世界中の少数民族を撮影している写真家・ヨシダナギさんの写真展『HEROES』に行きました。

見たこともなく、想像もできなかった少数民族の色彩かな写真は、

どれも食い入るように見てしまうものでした。

中でもいちばん驚いたのは、この写真にもある、ショッカーのようなオモマサライ族です。

民族や文化によって“カッコイイ”“イケてる”という価値観が様々である、

ということを教えられた驚きがそこにはありました・・・。


続きを読む

teethmineの目指すもの

歯科衛生士が綴る社会派ブログ

2018/07/27

『からだづくりは歯がキホン!』

こんにちは。

京都クリニック歯科衛生士の橋本です。

今回は、6月3日に京都市勧業館『みやこめっせ』で開催された

第43回“歯のひろば”についてご紹介します。

 

 

20180727.jpg

 

 

『からだづくりは歯がキホン!』をテーマに開催された当日は晴天に恵まれ、

サテライト会場の商業施設“イオンモール久御山”と合わせて

5千名を超える来場者で賑わいました。

                       (日歯広報 第1709号より)

 

私が専門学生時代にに参加した“歯のひろば”では、

歯科について学んでいる途中であったため、指導者側として参加しながら、

来場者気分もあって一緒に歯や口のことについて楽しみながら学んだ思い出があります。

この“歯のひろば”は、休日にショッピングモールなどの大きな商業施設で

開催されることが多いです。

少しでも歯や口の知識を得て関心を持ってもらうため、

イラストも添えられたボードでの展示物もあり、

小さなお子さまでも理解しやすいような工夫もされていて、

とても見やすいものになっているので、

「買い物や遊びのついでに寄ってみよう」と家族やお友達と気軽な気持ちで行っていただき、

お口の中から全身の健康に繋げる『からだづくり』をしていただくことをオススメしています。

 

 

201807272.JPG

 

 

今回滞在したアヤナリゾートホテルで帰国前の朝食。

旅行中の楽しみのひとつの朝食ですが、

開放感のあるテラス席で雰囲気良し、各国の料理を選べて内容良しで、

今までの中でベスト3に入る内容も雰囲気もとても良いものでした。

約2ヵ月にわたってお伝えしていたバリの旅行記はこれでおしまいになります・・・。


続きを読む

teethmineの目指すもの

歯科衛生士が綴る社会派ブログ

2018/07/20

『いい歯いきいき 上野動物園行事』

こんにちは。

京都クリニック歯科衛生士の橋本です。

今回は、6月3日に上野動物園で行われた『いい歯いきいき 上野動物園行事』について

ご紹介します。

 

 

20180720.jpg

 

 

都歯付属歯科衛生士専門学校の学生が主体となり行った、

手作りのパネルでお口の健康の大切さをアピールする“お口の健康巡回教室”では、

学生たちは集団指導の難しさと楽しさを実感しました。

                           (日歯広報 第1709号より)

 

これは、都民への口腔保健向上をPRとする広報活動で今年で52回目となり、

パンダのシャンシャン人気で沸く上野動物園には、2万8千人余りの来園者がありました。

 

私も患者さまに歯みがきや、歯とお口のケアについてお話をするときには、

年齢や職場環境など、その方に合わせた声かけをするように心がけています。

自分で理解していることを分かりやすく伝える難しさはありますが、

「なるほど」という言葉や納得の表情をいただくことで、

うまく伝えることができた嬉しさも感じることができます。

そしてこれを伝えておしまいにせず毎月の処置に来ていただく際には、

歯やお口に変わりがないかを気にしながら、

歯科衛生士として歯や口の健康を維持するお手伝いすることを続けていこうと思います。

 

 

201807202.JPG

 

 

 最終日には最後の贅沢をするために、ホテルスパへ。

バリ島の最南端に位置する“Karma Kandara”では

インド洋を眺めながら全身マッサージを施してもらい、

極上の癒やしと、“またこれから仕事を頑張ろう”とパワーをもらいました。


続きを読む

teethmineの目指すもの

歯科衛生士が綴る社会派ブログ

2018/07/13

自分事にする

こんにちは。

京都クリニック歯科衛生士の橋本です。

今回は“フレイル”という概念を作り、フレイル予防の取り組みを展開している

東京大学高齢社会総合研究機構の、飯島勝矢教授についての記事をご紹介します。

 

 

201807132.jpg

 

 

「健康維持のために推奨されていることは、昔から言われているように、

もはや当たり前のことになっています。しかし、やれてる人とやれていない人がいる。

知らないからやらないのではなく、知っていてもやれないのです。」

                              (Dentalidm 31より)

そのためには、当たり前の言葉に科学的根拠を加えて自分事にしてもらうことが

大切である、と飯島教授は考えています。

 

例えばteethmineで実施している“むし歯予防★だ液検査”では、

その方のだ液やプラークから培養した2種類の菌(ミュータンス菌・ラクトバチルス菌)を

実際に目で見ていただいて、“自分の口の中に本当に菌がいる”ということを

自覚していただいています。

私は、『歯みがきをしなければ、だ液やプラークの中にいる菌が、

歯にくっついたままになるので、そこからむし歯ができてしまう。

だから歯みがきはとても大切!』と伝えることで、

『歯みがき』という当たり前のことを、他人事から自分事にしていただくことにように、

その方に合わせた声かけをすることを心がけていきます。

 

 

20180713.JPG

 

 

帰国前日に見たサンセットは、スペイン風海の家“La Plancha”から。

一面にカラフルなパラソルとクッションが広がり、日本ではお目にかかれないような光景。

一緒に行った友人たちも「ここのサンセットがいちばん良かった!」と大絶賛の夕暮れでした。


続きを読む

カテゴリ

月別一覧

検索


teeth mine 京都クリニック
京都市北区小山下初音町45
TEL:075-491-9990
FAX:075-491-9991

京都の閑静な住宅地の中にたたずむモダンな外観のクリニックです。クリニックの門をくぐると、どこからか心地よい音楽が流れてきます。石だたみのスロープを進むと、明るい待合室が皆さまをお迎え致します。

teeth mine 京都クリニックホームページへ
teeth mine 岐阜クリニック
岐阜市長住町2-4 大橋ビル3F
TEL:058-266-9001
FAX:058-266-9002

さわやかな笑顔を獲得したい人、そして、子ども達の将来をお考えのお母さまに、新しい歯科治療の流れをご提案します。

teeth mine 岐阜クリニックホームページへ